• ホーム
  • 音楽
  • スパガ渡邉幸愛、ミニスカで始球式 地元宮城で念願かなえる

スパガ渡邉幸愛、ミニスカで始球式 地元宮城で念願かなえる

 アイドルグループ・SUPER☆GiRLS渡邉幸愛(19)が19日、地元宮城・仙台のKoboパーク宮城で楽天イーグルス対福岡ソフトバンクホークスの始球式に登板した。

【写真】その他の写真を見る


 渡邉は7月25日の同カードで始球式を務める予定だったが、雨天中止となったため、今回がリベンジ登板。背番号「10」の楽天のユニフォームとSUPER☆GiRLSの衣装の白いミニスカートでマウンドに上がった渡邉は、大きく振りかぶり、躍動感のあるフォームで投球。ボールはワンバウンドで捕手のミットに収まり、笑顔があふれた。

 自身のブログに「大好きな球団、そして地元で始球式をできて本当に幸せでした ありがとうございました! 嬉しくて、ずっと笑顔だったなー」とつづり、大感激。「子供の頃からよくスタジアムに応援にきてたのに、そこで今日、私が始球式をできたって夢みたいだもん!」と興奮冷めやらぬ様子。

 夢をかなえた一方で、ワンバウンドとなってしまったことには悔いが残ったようで「ノーバウンドでは届けられなかったのはとても悔しい!! 負けず嫌いだからとても悔しい!!! つぎは、ノーバウンドで!!! 次は、このボールに泥がつかないように投げられる日が来るように引き続き頑張っていきます!』と意気込みをつづった。

 自身のインスタグラムには始球式に臨む練習風景、ユニフォーム姿のオフショットも投稿されている。



関連写真

  • 楽天のユニフォーム+ミニスカで投球
  • 地元のKoboパーク宮城で始球式を行ったSUPER☆GiRLSの渡邉幸愛
  • 夢をかなえにっこり
  • 地元のKoboパーク宮城で始球式を行ったSUPER☆GiRLSの渡邉幸愛
  • 地元のKoboパーク宮城で始球式を行ったSUPER☆GiRLSの渡邉幸愛
  • 地元のKoboパーク宮城で始球式を行ったSUPER☆GiRLSの渡邉幸愛

オリコントピックス