• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木京香、西田敏行&寺尾聰の相手役「学ぶことがたくさんありました」

鈴木京香、西田敏行&寺尾聰の相手役「学ぶことがたくさんありました」

 女優の鈴木京香が、テレビ東京系で9月15日に放送される浅田次郎ドラマスペシャル『琥珀』(後9:00〜11:08)に、ヒロイン役で出演することが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 浅田氏の原作を、連続テレビ小説『ひよっこ』の作者・岡田惠和氏が脚本化。西田敏行が定年間近の刑事・米田勝己役で主演し、寺尾聰演じる殺人逃亡犯・荒井敏男とのサスペンスフルな物語を紡いでいく。

 鈴木が演じるのは、東京から来た米田と、北陸・富山の魚津で喫茶店「琥珀」を営む荒井を引き合わせる平井幸子。原作小説には登場しないキャラクターで、店の唯一の常連客であり、荒井に思いを寄せる人妻。彼女もまた、表に出せない秘密を抱えているという設定だ。

 西田と寺尾の2人を相手に、ヒロインを演じた鈴木は「強がりで健気で、不幸な女性の役を演らせていただきました。難しい役で心情を理解するまで時間がかかりましたが、西田さん寺尾さんの自然なやり取りを間近で見て、学ぶことがたくさんありました」と感謝を言葉にした。

 魚津ロケでは、「以前、西田さんと『釣りバカ日誌』でご一緒させていただいた時もロケの多くは富山でしたが、今回は初めて蜃気楼を見ることができました」といい、「それぞれが重い過去や暗い日常を抱えているからこそ、お互いをおもんぱかる…。心の交流が温かいほど、思いは交錯していく…。切ない大人の物語になったと思います」と手応えを語っている。

 ほかに、小さな町で堂々と会えるのはここだけ、と喫茶店の常連カップル、警察官・依田悟志と町の洋品店の店員・敦美を、工藤阿須加川島海荷が演じる。 恋人同士役の2人は今回が初共演となる。



関連写真

  • 9月15日放送、テレビ東京系浅田次郎ドラマスペシャル『琥珀』西田敏行、寺尾聰、鈴木京香が共演(C)テレビ東京
  • ドラマオリジナルキャラクターの幸子を演じる鈴木京香(C)テレビ東京
  • 工藤阿須加と川島海荷が恋人役で出演(C)テレビ東京
  • 9月15日放送、テレビ東京系浅田次郎ドラマスペシャル『琥珀』北陸・魚津の警察官・依田悟志を演じる工藤阿須加(C)テレビ東京
  • 9月15日放送、テレビ東京系浅田次郎ドラマスペシャル『琥珀』悟志の恋人・敦美を演じる川島海荷(C)テレビ東京

オリコントピックス