• ホーム
  • 芸能
  • 水谷豊×岸部一徳、「殿と家来」に立場を変えて共演 檀れいも参加

水谷豊×岸部一徳、「殿と家来」に立場を変えて共演 檀れいも参加

 テレビ朝日系人気ドラマ「相棒」シリーズで長年共演した俳優の水谷豊岸部一徳、そして『相棒 season8』の第10話にゲスト出演した檀れいの3人が軽妙なやりとりを繰り広げる時代劇スペシャル『無用庵隠居修行』が、BS朝日で9月15日(後7:00〜8:54)に放送されることが発表された。

 直木賞受賞作家・海老沢泰久原作の短編時代小説をドラマ化。水谷は江戸城を警備する直参旗本の大番士・日向半兵衛。やもめ暮らしで跡継ぎもいないが、隠居暮らしを望んでいる。岸部は半兵衛の世話をしている用人・勝谷彦之助。「相棒」シリーズでは因縁ある間柄だった水谷と岸部が、「殿と家来」に立場を変え、江戸を脅かす難事件の捜査に乗り出す。

 水谷が「岸部さんは『相棒』のときは官房長役。僕より役職が上でしたが、今回の勝谷は幼なじみで僕が殿。僕の方が遠慮はいらないのですが、勝谷は生意気で図々しい(笑)。そういう関係性が面白いですね」といえば、岸部も「今回はとにかく水谷さんが演じる半兵衛にずっとついて回る役だったので、こんなに出番が多いとは思いませんでした(笑)。『相棒』のときよりももう少し距離が近い相棒になった気分で楽しんで演じています」。

 そんな2人に加わる檀は「水谷さんと岸部さんのなんとも言えない息の合ったお芝居が面白くて、三人一緒のシーンが多いのですが、私としてはどうにかこのお二人の間に入れないものかと、もがいていました。お二人の仲にちょっとジェラシーを感じるぐらいでした(笑)」と明かす。

 檀が演じる奈津は、旗本の息女で器量良しだが、離縁経験のある出戻り。押しかけ女房のように半兵衛の世話を焼き、“捜査”のために大奥潜入も敢行する。「今まで時代劇では耐え忍ぶ女性の役が多かったのですが、今回は自らお転婆と認めるほどの明るい女性。大奥に潜入するシーンもありますが、私としては大奥女中の衣装を着るのが初めて。衣装合わせのときからうれしくて楽しかったです」と新境地を開く。

 今回、水谷は謎の辻斬りや巨悪との対決などで、みごとな剣さばきを披露する。「本格的な殺陣の経験はあまりないので、刀を使った殺陣は少し不安もありましたが、やってみるといいものだなと思いました。不思議なもので気が付くとみんなが倒れていますし(笑)」と冗談まじりに話しながらも手応えは十分。「今回、僕が演じる半兵衛は早く欲も得もなくして楽になりたいと思うキャラクターなので、それほど立派な武士でなくていいんです(笑)。僕にも半兵衛のように思う時がありますし、それが人間の理想だと思います。どこか半兵衛が自分と重なるようにも感じています」と話していた。



関連写真

  • 9月15日放送、BS朝日の時代劇スペシャル『無用庵隠居修行』に出演する(左から)檀れい、水谷豊、岸部一徳 (C)ORICON NewS inc.
  • 『無用庵隠居修行』場面写真(C)BS朝日

オリコントピックス