• ホーム
  • 芸能
  • 松岡修造、今季欠場の錦織圭にエール 結婚は「自分で決断しろ!」

松岡修造、今季欠場の錦織圭にエール 結婚は「自分で決断しろ!」

 テニスプレイヤーでタレントの松岡修造が21日、都内で日めくりカレンダー『修造日めくり まいにち、テニス!』(PHP研究所 24日発売)発刊記念トークイベントを開催。教え子のテニスプレイヤー・錦織圭選手が、右手首腱の負傷で今季の残り全試合欠場を発表したことについて「ここ数年で一番ショックな出来事です。だって、グランドスラム優勝できるっていうところなのに、長期でのケガでカムバックするのは…。手首って相当タフなところですからね」と肩を落とした。

【写真】その他の写真を見る


 続けて「僕もケガをしたことがあるからわかるんですけど、どうしても1人だけでいろいろと考えて、スポンサーさんをはじめ応援してくださっている方々に申し訳ないって思う。1人じゃない、みんなの力を使っちゃえって思いますね」とエール。錦織選手には一方的に連絡を送っているといい「『ケガは絶対治るものだ』って(メールを送った)。これだけは言いたいのは、ちゃんと治して戻ってくれば、グランドスラム優勝できる力はある」と言葉に力を込めた。

 報道陣から錦織選手に同書をプレゼントすることを薦められるも「ウザがられるから…。それに、錦織選手は自分で『日めくり圭』って作れるくらいですからね。出そうと思えばすぐに出せるので、僕がそれを感じたい」ときっぱり。「僕は現役中に結婚していていたら、世界でもっと上の順位にいっていたと思う」とコメントしていたことから「錦織選手にも結婚を薦めたい?」と尋ねられると、「ジュニアの時から『いいかどうか自分で決断しろ!』と言ってきているので、僕がコントロールするものじゃない」と語った。

 大ヒットを記録した『まいにち、修造!』『ほめくり、修造!』に続くシリーズ最新作にあたる同書。シリーズ初のオールカラーで、松岡自身の強いメンタルや輝く笑顔の秘密を、31のパワフルな言葉とカラフルな写真に凝縮されている。4月に宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)に入学した松岡の長女・恵さんも読んでいたといい「なんか『テニスの専門としてやれてよかったね』と言ってくれていました」と父の顔をのぞかせていた。

 この日のイベントには、同書の事前購入者100人を招待。制作秘話から収録した言葉の紹介、テニスの魅力まで、松岡自身が全力でトーク。簡易型のテニスコートを使ってのレッスンでは、さらにヒートアップして会場を盛り上げていた。



関連写真

  • 今季欠場の錦織圭にエールを送った松岡修造 (C)ORICON NewS inc.
  • 日めくりカレンダー『修造日めくり まいにち、テニス!』発刊記念トークイベントに出席した松岡修造 (C)ORICON NewS inc.
  • 日めくりカレンダー『修造日めくり まいにち、テニス!』発刊記念トークイベントに出席した松岡修造 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス