• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、フジ『ワイドナショー』編集に苦言 「謎の事情でカット」ツイートを説明

松本人志、フジ『ワイドナショー』編集に苦言 「謎の事情でカット」ツイートを説明

 ダウンタウンの松本人志(53)が、20日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。15日に自身のツイッターで「しゃべっても。謎の事情でカットされ…」とつぶやいていたことについて説明した。

 番組で松本は、先週の放送前にスタッフから上原多香子(34)の話題を取り上げることを「扱うことは無しにして欲しい的なことを言うてくるわけですよ」と明かし「何で? 俺そういうの嫌やから、触れようや。触れないと恥ずかしいで。ワイドナショーはそういう番組でありたい」という思いを明かしたが、スタッフからは、今回の話題は「女性セブン一誌しか扱ってない。上原さんがコメントしていない」ことを理由に理解を求めてきたと説明。

 これに対し松本は「今までそんなことで扱ってきたニュースはくさるほどある。これぐらいのことを言うで」と返答し、収録では上原の不倫疑惑を扱い「言いようがない。サスペンスで、色々なことが入り乱れているから、もうちょっとハッキリしてから、扱った方がいい」などとコメントした話した。

 ところが、先週の放送直前になって「カットしてもいいですか」と打診を受け、その理由として上原の話題を「フジテレビとして扱わないことに決まった」と言われたという。これに不快感を覚えた松本だが、その後、上原の問題を同局系『とくダネ!』(月〜金 前8:00)で特集したため、ツイッターでつぶやいたとした。

 松本は「この番組のファンというのは、そういうことから逃げないのが『ワイドナショー』だと思って見ているし、そうやって来たと思う。そこは貫かないと絶対、損だしこの番組にとっても良くないし、フジテレビにとっても良くない。フジテレビを愛するがゆえに、言っているんですけど、なぜか、フジテレビ側から足を引っ張られる。この不可解なこういうことはやめてもらいたい」と明かした。

 続けて番組の方針として「フジテレビにとってマイナスなニュースもやっていかないといけないし、吉本の不手際もやっていかないといけない。もちろん、自分も何かあったら逃げないでコメントしないといけない」といい「本当にテレビがどんどん時代遅れになっている。ネットの方が伝えていてテレビが全然、伝えられていない」と見解を示した。

 番組への愛があふれる発言をしていた松本だが、最後に「あと一言、言いたいことは、フジテレビさん、これからもよろしくお願いいたします」と頭を下げて話をまとめ、スタジオを笑いに包んでいた。



オリコントピックス