• ホーム
  • 音楽
  • STU48、CDデビュー年明けに延期 11月1日→来年1月31日に

STU48、CDデビュー年明けに延期 11月1日→来年1月31日に

 国内6番目のAKB48グループで瀬戸内7県を拠点に活動するSTU48のメジャーデビューが3ヶ月延期されることが18日、わかった。グループの公式サイトで発表された。当初11月1日デビューが予定されていたが、来年1月31日に変更になった。

 STU48は6月末、AKB48グループ最速となるお披露目から6ヶ月の11月1日にデビューすることを発表。7月にはデビュー曲(タイトル未定)の選抜メンバー16人とセンターも決定していた。

 船上劇場完成の遅れが理由とし、公式サイトでは「造船会社を含む関係各社とは打合せを重ねてはおりますが、現状、まだ船上劇場を発表できる段階ではなく、メジャーデビューするタイミングとして適当ではないと判断しました」と説明。「本作の発売をお待ち頂いておりますファンの皆様、また関係各位には、大変なご迷惑をお掛け致しますこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 昨年10月10日に神戸で行われた『じゃんけん大会』で2017年夏に発足することが発表されたSTU48は、これまでの姉妹グループとは異なり、本拠地は兵庫・岡山・広島・山口・愛媛・香川・徳島の瀬戸内7県。“船上劇場”で活動していく予定となっている。今年1月16日に1期生の募集を開始し、3月31日に公式サイトで1期生を発表。5月3日に広島で行われた『2017ひろしまフラワーフェスティバル』でお披露目された。

 同グループはHKT48指原莉乃が劇場支配人兼メンバー、AKB48の岡田奈々がキャプテンを兼任。生え抜きメンバー31人と33人体制で活動している。

 



オリコントピックス