• ホーム
  • 芸能
  • 有村架純、映画『関ヶ原』で男装姿を披露 時代劇では初

有村架純、映画『関ヶ原』で男装姿を披露 時代劇では初

 人気グループ・V6岡田准一が石田三成を演じる主演映画『関ヶ原』(8月26日公開)で、三成を陰で支える伊賀の忍び・初芽を演じ、同作でアクション初挑戦となる有村架純の男装姿が18日、初披露された。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、司馬遼太郎氏の同名小説を、『日本のいちばん長い日』の原田眞人監督が映画化。これまで語られてきた「関ヶ原の戦い」を新しい解釈で描き、岡田が石田三成、役所広司が徳川家康、平岳大が島左近、そのほかにも東出昌大中越典子北村有起哉伊藤歩音尾琢真らが出演する。

 今回解禁となった映像は、三成に命を救われ、忍びとして暗躍するという初芽と、平演じる島左近が、伏見城の城門を歩くシーン。2人は家康率いる東軍の武将たちが宴会を開いていると聞き、家康の命を狙おうと伏見城に出向く。その道中、正体を隠すために初芽は小姓の姿となり、島左近の御付きとして、左近の愛刀・備前長船兼光を右手に構えるりりしい姿を披露する。

 腰の高さほどある脇差を、右手で掲げながら歩く初芽。途中、その重さのせいか肩にもたれかけてしまう場面も。すぐに左近から「女手に重くはないか」と聞かれる初芽だが「女と思うてくれますな」と持ち直す。有村が演じる初芽は、三成のために自分の人生を捨てた伊賀の忍び。三成や左近に「犬と思うてくださいませ」と言うその目に固い決意を感じさせる。

 これまで可憐な姿で多数の映画やドラマに活躍してきた有村は、過去に舞台『ジャンヌ・ダルク』でも男装を披露したことはあったが、時代劇での男装は今回が初。劇中では、小姓姿のほかにも、町娘姿や旅姿など、忍びとして華麗な変装を見せる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 映画『関ヶ原』で凛々しい男装姿を初披露した有村架純 (C)2017「関ヶ原」製作委員会
  • 映画『関ヶ原』に出演する(左から)有村架純、平岳大 (C)2017「関ヶ原」製作委員会

オリコントピックス