• ホーム
  • 芸能
  • パンダの赤ちゃん、名前の公募に32万件超え

パンダの赤ちゃん、名前の公募に32万件超え

 東京・上野動物園は、6月12日に誕生したジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの名前を募集状況について、7月28日〜8月10日の14日間の期間中に32万2581件の応募があったと17日、発表した。

 応募条件は、ジャイアントパンダの赤ちゃん(メス)のカタカナ表記の名前1点(ひとり1回まで)。内訳はWEB が24万9382件、郵送が3万9577件、園内応募が3万3622件だった。

 名前の選定方法は、寄せられた名前の中から、応募総数の多かった名前100点を対象に選考作業を行い、名前の候補を10点程度選ぶジャイアントパンダ名前候補選考委員会を開催。さらに中国との協議などを経て、東京都が名前を決定する。なお、応募作品は漢字をあてるなど、補作・修正する場合があるという(決定した名前に関する権利は、公益財団法人東京動物園協会に帰属)。

 ジャイアントパンダ名前候補選考委員会は今月30日に非公開で行われ、選考委員には女優の黒柳徹子(日本パンダ保護協会名誉会長)や音楽評論家・作詞家の湯川れい子氏(ジャイアントパンダ保護サポート基金運営委員)が名を連ねている(全部で6人)。

 名前の発表は、生後100日を迎える9月下旬を予定している。



タグ

オリコントピックス