• ホーム
  • 芸能
  • 芦名星、悪女モデルを熱演「“全力でイヤなやつ”に思われたらいいな」

芦名星、悪女モデルを熱演「“全力でイヤなやつ”に思われたらいいな」

 女優の芦名星が、17日放送されるフジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』(毎週木曜 後10:00)第6話に、ファッション雑誌業界に飛び込み、奮闘する主人公・宮地奈央(真木よう子)と対立することとなるモデル・手島レイナ(てじま・れいな)役で出演する。自身のプライドを振りかざし、露骨なまでに厳しく嫌味のある態度で奈央に接する…という役どころに「“中途半端にイヤなやつ”ではなく、“全力でイヤなやつ”に思われたらいいなと思って演じています」と意気込んでいる。

【写真】その他の写真を見る


 後半のストーリーのキーマンとなるレイナは新たにファッション雑誌『ヴァニティ』に加わった強気な専属モデル。女性たちのもくろみが交錯していくなかをより、かき乱していく立ち位置となる。自身もその抜群のスタイルと黒髪にエキゾチックな容姿を生かしてモデル経験者を持つ芦名が癖のある“悪女”モデルを熱演する。

 「ここまで自分の感情を他人に出せるキャラクターってすごい」と思わずレイナのキャラクターの強烈ぶりに驚く芦名だが「ただ完全に吹っ飛んだ役ということではなく、レイナ自身にも大切にしているものがあって、単に、意地悪なだけでなく彼女なりの“プライド”や“強がり”があると思うので、そういうところを全力で表現したいなと思っています。ただの嫉妬だけを持つ浅い存在にはしたくないので、そこのバランスを意識しています」とこだわりを明かす。

 劇中では真木と火花を散らす関係となるが、撮影裏では「みなさん本当に仲良くて明るくて、ドラマのバチバチした印象とは打って変わって、楽屋はとても和やかです」といい、「後半のストーリーにかけて、主人公の奈央と面と向かってよりストレートにぶつかっていくシーンも増えてくると思いますので、もっと個人的に感情をあからさまに表現できるシーンでは、“受けて立つ!”ような芝居をしていきたいです」と奮起している。



関連写真

  • フジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』に出演する芦名星 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』に出演する芦名星と真木よう子 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』に出演する芦名星 (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』に出演する芦名星 (C)フジテレビ

オリコントピックス