• ホーム
  • 映画
  • 吉田沙保里が“最強の美女戦士”に変身「さらに強くなった気がします」

吉田沙保里が“最強の美女戦士”に変身「さらに強くなった気がします」

 女子レスリングの吉田沙保里選手が16日、愛知・名古屋で開催された映画『ワンダーウーマン』(25日公開)のイベントに出席。劇中でガル・ガドット演じる“最強の美女戦士”ワンダーウーマンのコスプレで登場し、その迫力ある姿に会場は騒然となった。

 イベントでは、6メートル10センチを誇る名鉄百貨店のマネキン「ナナちゃん」に衣装を着せた“世界最大のワンダーウーマン”をお披露目。ワンダーウーマンの幼少期の日本語版吹替声優を務める新井美羽も駆けつけた。

 “霊長類最強女子”から“最強の美女戦士”へと変身した吉田選手は「着心地は最高です。霊長類最強と言われていますが、これを着るとさらに強くなった気がします!」と満足げ。その後、新井に最強の美女戦士になるための技を伝授することになった吉田選手は、「最強の技と言えばタックルですよね。その技を教えるので美羽ちゃんにも強くなってほしいです」と、その場で身振りを交えて伝授。足を広げてお手本を見せると会場からは歓声が上がり、新井も真似して吉田選手直伝のタックルを決めて盛り上げていた。

 ワンダーウーマンのコスチューム姿の「ナナちゃん」が見られるのは、29日(17時頃取り外し予定)まで。



関連写真

  • ワンダーウーマンのコスプレで登場した(左から)吉田沙保里選手、新井美羽 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
  • 新井美羽にタックルを伝授する吉田沙保里選手 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
  • 「ナナちゃん」と一緒にポーズ (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

オリコントピックス