• ホーム
  • 芸能
  • 三谷幸喜氏、『真田丸』メンバーと1年ぶりNHKで時代劇 正月放送

三谷幸喜氏、『真田丸』メンバーと1年ぶりNHKで時代劇 正月放送

 脚本家の三谷幸喜氏が、昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』以来、1年ぶりに同局の時代劇の脚本を手掛けることがわかった。来年1月初旬に総合テレビで放送される正月時代劇『風雲児たち〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇〜』で、今度のお題は前野良沢と杉田玄白による“蘭学事始”。『真田丸』に出演した片岡愛之助(良沢)、新納慎也(玄白)、山本耕史(平賀源内)、草刈正雄(田沼意次)らの出演も決定している。

【写真】その他の写真を見る


 史上初の西洋医学書の和訳に一心同体で取り組んだ2人は、鎖国ど真ん中の江戸中期に革命的な翻訳を成し遂げる。しかし、刊行された「解体新書」になぜか良沢の名は載らず、名声は玄白だけのものとなった。2人の間にいったい何が起きたのか…。

 原作は、みなもと太郎氏の大河歴史ギャグ漫画『風雲児たち』。三谷氏が大学時代に漫画誌に連載されていた作品で、「僕はこの作品で、歴史の新しい見方を学びました。『風雲児たち』には、今の日本を築き上げた先人たちの感動的なエピソードがぎっしり詰まっています。今回、そのほんのちょっと一部分をドラマ化しました。歴史ファン、みなもとファンとしてこれ以上の喜びはありません」と、コメント。笑いとサスペンスに満ちた新しい三谷流歴史ドラマを書き上げた。演出を『真田丸』の吉川邦夫氏(NHKエンタープライズ)が務めることになり、『真田丸』ファンの期待は否応なしに高まる。

 みなもと氏は「拙著『風雲児たち』は私の漫画のなかでも愛着のある作品で、だからこそ30数年、飽きもせず描き続けています。私のギャグスピリットを最も良くご理解されている三谷幸喜氏の手で、NHKでドラマ化されることを、大変うれしく楽しみにしております」と期待を寄せている。

■参考までに『真田丸』の配役は以下のとおり
片岡愛之助:豊臣家の家臣・大谷吉継(刑部)
新納慎也:豊臣秀吉の甥で非業の死を遂げた豊臣秀次
山本耕史:豊臣家の家臣・石田三成
草刈正雄:真田信繁(幸村)の父・真田昌幸



関連写真

  • 大河ドラマ『真田丸』以来、1年ぶりに同局の時代劇『風雲児たち〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇〜』(2018年1月初旬放送)の脚本を手掛ける脚本家の三谷幸喜氏
  • 蘭学医・前野良沢を演じる片岡愛之助
  • 蘭学医・杉田玄白を演じる新納慎也
  • NHK時代劇『風雲児たち〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇〜』(2018年1月初旬放送)江戸時代の蘭学者・医者の平賀源内を演じる山本耕史
  • NHK時代劇『風雲児たち〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇〜』(2018年1月初旬放送)江戸幕府中期、9代将軍・家重、10代将軍・家治に仕えた幕府老中・田沼意次を演じる草刈正雄

オリコントピックス