• ホーム
  • 芸能
  • 真矢ミキ、フジ連ドラ初主演 『ビビット』MCと並行で「走れるのか!?」

真矢ミキ、フジ連ドラ初主演 『ビビット』MCと並行で「走れるのか!?」

 女優の真矢ミキが10月7日スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『さくらの親子丼』(毎週土曜 後11:40)で同局連ドラに初主演することがわかった。民放連ドラとしては2012年『捜査地図の女』(テレビ朝日)以来5年ぶりとなる。『空腹の人に無料で親子丼を食べさせてくれる』といううわさが都市伝説のように広まる古本屋の店主・九十九さくらとして、行き場を失いお腹を空かせた人々に親子丼を振る舞い、彼らの抱える問題に向き合っていく。

 オリジナルストーリーで描かれる同ドラマは、子どもや社会的弱者に降りかかる問題を徹底取材した上で物語に反映。主人公のさくらは16年前、当時17歳だった息子がある事件に巻き込まれて亡くなってから心に深い傷を負って夫とも離婚。娘の響子とシングルマザーとして生きながら「空腹こそが非行のもととなり、人間らしく生きるために絶対に良くないことだ」と考えるようになり、古本屋の奥の「たまりば」というスペースで相手の素性は問わず誰にでも無料で親子丼を出すようになった。

 彼女のもとにやってくるのは、摂食障害に悩む女性や会社で居場所を失った自閉症の男性、少年院出所後、妹の夢のために懸命に生きる少年など。持ち前の優しさ、明るさ、そしておいしい親子丼でやってくる人の心を癒やすさくらの前に、一人の少女・二宮あざみが現れたことをきっかけに、さくら自身の悲しい過去と向き合うこととなる。脚本は『3年B組 金八先生』や『明日の光をつかめ』シリーズの清水有生氏が手がける。

 現在、TBS系『ビビット』(毎週月〜金曜 後8:00)でMCを務める真矢は「朝の情報番組と走れるのか!?と思いましたが、うれしい限りです」と喜びのコメント。遠山圭介プロデューサーは「お芝居ではキャリアウーマンのような、強くてかっこいい女性を演じられることが多い真矢ミキさんは、一方では情報番組で社会問題に連日対峙するという、幅の広さをお持ちの女優さんです。そんな真矢さんだからこそ、放つセリフに説得力があり、強いメッセージが投げかけられると考えました」と説明する。

 真矢は「前向きに前進する役が多い私ですが、今回のさくらさんは立ち止まっています。いつも心揺らして考えています。いろんな人が葛藤を隠して普通に過ごそうと走る一週間。土曜の夜はそんな方々に美味しい親子丼を食べていただきたいです」と呼びかけている。



オリコントピックス