• ホーム
  • 音楽
  • 最上もが、でんぱ組は「続けたかった」 “女優専念”報道は否定

最上もが、でんぱ組は「続けたかった」 “女優専念”報道は否定

 今月6日にアイドルグループ・でんぱ組.incを脱退した最上もがが14日、AbemaTVの冠番組『最上もがのもがマガ!』(毎週月曜 後10:00)に生出演。脱退発表後の初のメディア出演で、改めて脱退を報告した。

 最上は6日に自身の公式ブログで「6人でステージに立ちたいという気持ち、メンバーのことを好きな気持ち、何1つ変わってはいないのですが、どうしても心と身体のバランスが取れなくなり、このままでんぱ組.incとして活動していくことがとても難しくなりました」と説明。ファンに対して「本当にごめんなさい」と謝罪し、「正直、何年も悩んでいたことではあったのですが、とても悔しくて仕方ないです」と胸中を吐露していた。

 この日の生放送の冒頭で「ブログでも報告したんですけれども、でんぱ組.incを脱退しました」とあいさつ。出演者のナイツ・土屋伸之が「ブログを読みましたけど、体調が良くないということで…」と心配すると、最上は「ニュースにされてる内容だと、女優になりたいから脱退したという感じの書かれ方もけっこうされてたけど、実はそういうことは一切なくて」と一部の報道を否定し、「本当にブログに書いたとおり、精神的に参っております」と説明した。

 でんぱ組のライブを見たことがある土屋が「あの(激しい)感じだと、精神力も体力も大変でしょうから、ちょっとでも崩したら辞めなきゃいけないのは、しょうがないと思います」と心境を察すると、最上は「正直、続けたかったです。ライブもメチャクチャしたかったという気持ちもあったけど…」と本音を吐露。「分かりやすく骨折したとか、分かりやすい病名(が脱退理由)だと、理解されるじゃないですか。ボクの場合はそうじゃなかったので、なかなか理解されなかった」と苦渋の決断だったことを明かした。

 また、トークの流れで「『もがマガ!』も今日で終了となります」と突然発表すると、土屋が「初耳です」と慌ててツッコミ。スタジオも笑いに包まれたが、最上は「ボクはやりたい気持ちはいっぱいでございますけど、事務所サイドからやめろ、と…」と番組終了を示唆。土屋は「(今日の)番組が終わってから話しましょうか」とまとめたものの、エンディングでも最上は「来週いるかわかりませんけど」と話したが、最後は「また来週もお会いしましょう」と手を振りながら番組を終了した。

 なお、AbemaTVの番組表では来週も放送予定となっている。



オリコントピックス