• ホーム
  • 芸能
  • 山本彩・中川翔子ら昭和の歌姫演じる NHKドラマ『のぼせもん』

山本彩・中川翔子ら昭和の歌姫演じる NHKドラマ『のぼせもん』

 昭和を代表するスターの故・植木等さんと、彼の付き人兼運転手で、後に自身も俳優・コメディアンとして活躍する小松政夫の師弟関係の実話を描く、NHK・土曜ドラマ『植木等とのぼせもん』(9月2日スタート、毎週土曜 後8:15、全8回)の配役が追加発表された。

【写真】その他の写真を見る


 「スーダラ節」を熱唱し、「無責任男」を身体を張って演じ、画面で、ステージで、多くの人々を魅了し続けた「明るい昭和」を象徴する男、植木等役を山本耕史。植木の付き人兼運転手として働き、「親父さん」と慕っていた小松=松崎雅臣役を志尊淳が演じる。

 新たに発表されたのは、ドラマの見せ場のひとつ、昭和30年代に絶大な人気を誇ったバラエティー番組『シャボン玉ホリデー』の再現シーンに欠かせない昭和を代表する女性歌手たちの配役。

 園まり役にNMB48山本彩(第5回から登場予定)、伊東ゆかり役に中川翔子(第2回から登場予定)、奥村チヨ役に鈴木愛理(第2回から登場予定)、ザ・ピーナッツ役に双子の鈴木みな・まりあ(第1回から登場予定)。

 山本は「昭和を代表する歌手である園まりさんの役を演じることができて、とても光栄に思います。私がドラマの中で歌わせていただいた『逢いたくて逢いたくて』は、私よりもずっと前に生まれた曲ですが、この役を演じさせていただいたことによって、当時の歌謡の世界を感じることができました。現代とはまた違った歌詞が持つ言葉の強さや重みを皆さんにも感じていただけたら幸いです」と、コメントを寄せた。

 劇中で「小指の想い出」を披露する中川も「歌唱シーンがメインで、大先輩である伊東ゆかりさんの楽曲を、尊敬と憧れの念を込めて、自分なりに歌わせていただきました。今回こうして、伊東さんを演じることができ、とても貴重な経験になりました。もっと演じていたかったです」と、撮影はとても充実していた様子。

 鈴木は「ごめんネ…ジロー」を披露。「たくさんの人に愛されて、お茶の間を笑顔にしてきた植木等さん。とてもすてきな方の、とても大切な物語に関わらせていただくことができてとても光栄に思います。私は、歌手としても大先輩である、奥村チヨさんを演じさせていただきました。私がまだ生まれていない頃のお話だからこそ、大切に忠実に再現したいという気持ちで臨みましたので、どこか懐かしい気持ちも思い出していただけたらいいなと思います」と、語っている。

 クレイジーキャッツメンバーは、既報の植木、ハナ肇(山内圭哉)、谷啓浜野謙太)に加えて、犬塚弘役は深水元基、安田伸役は西村ヒロチョ、石橋エータロー役はパーマ大佐桜井センリ役は小畑貴裕がそれぞれ演じる。楽器の得意な面々が集まり、実際にバンド演奏を行っている。



関連写真

  • NHK土曜ドラマ『のぼせもん』(9月2日スタート)に出演する(左から)山本彩(NMB48)、中川翔子(C)NHK
  • 劇中に登場するハナ肇とクレイジーキャッツ(C)NHK
  • NHK土曜ドラマ『のぼせもん』(9月2日スタート)園まり役で出演する山本彩(C)NHK
  • NHK土曜ドラマ『のぼせもん』(9月2日スタート)伊東ゆかり役で出演する中川翔子(C)NHK
  • NHK土曜ドラマ『のぼせもん』(9月2日スタート)奥村チヨ役で出演する鈴木愛理(C)NHK
  • NHK土曜ドラマ『のぼせもん』(9月2日スタート)ザ・ピーナッツを演じる鈴木みな・まりあ(C)NHK

オリコントピックス