• ホーム
  • 芸能
  • バナナマン、テレビ朝日で新番組 『ソノサキ』レギュラー化

バナナマン、テレビ朝日で新番組 『ソノサキ』レギュラー化

 テレビ朝日では10月の改編で、土曜のプライムタイムに移動する『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』が放送されている火曜午後11台に、新番組『ソノサキ』(10月スタート、毎週火曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)をはじめることがわかった。MCはお笑いコンビ・バナナマンが務める。

 これまで、3回の特番を経てレギュラー化。 「大量に捨てられていたホタテの貝殻のソノサキはチョークに生まれ変わる」や「茶殻のソノサキは抗菌・消臭効果を活用し、救急箱や畳に大変身」といった暮らしに身近なリサイクルネタや、「立ち入り禁止の渋谷駅の地下で超巨大貯留槽を建設」や「大相撲の放送終了後には、力士たちが土俵に集まり行司を胴上げする」という原則非公開の立ち入り禁止エリア潜入系&スポーツ系ネタなど、なかなか知ることのない貴重なソノサキを紹介。

 7月7日に放送された3回目では、「人気漫画ルーキーズの原作者に最終回のソノサキを描いてもらう」企画で、漫画に出てくる高校生のキャラクター達が20代となって活躍する姿を、作者の森田まさのり氏に描き下ろしてもらい、大きな話題を呼んだ。

 このような「番組が独自に作り上げる興味深いソノサキ」や、「身近にあるモノだけど、実はソノサキで驚きの進化を遂げているモノ」、「そこまではよく目にするけど、ソノサキは見たことがないモノ」など、さまざまな“ソノサキ”をスタジオのバナナマンとゲストが推理しながら見届ける。

 レギュラー化にあたっては、「過去の放送で人気だった企画はもちろん、レギュラー放送にむけての新企画も多数準備しています」と、近藤正紀ディレクター。「気になる◯◯な人について行ったソノサキ」や「身近なモノを徹底追跡したソノサキ」といった新企画や、リアルなソノサキを経過観察するスタジオコーナーなど、さまざまなネタを展開する予定だ。

 現在『橋下×羽鳥の番組』を放送している月曜午後11時台も、新番組『激レアさんを連れてきた。』(10月スタート、毎週月曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)を放送。MCはお笑いタレントの若林正恭(オードリー)が務める。



オリコントピックス