• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】HKT48、新曲がデビューから10作連続1位 女性歌手最多記録独走

【オリコン】HKT48、新曲がデビューから10作連続1位 女性歌手最多記録独走

 アイドルグループ・HKT48の10thシングル「キスは待つしかないのでしょうか?」(2日発売)が初週19万9504枚を売り上げ、8/14付オリコン週間シングルランキング1位に初登場した。

 シングル1位獲得作品数は、デビュー曲「スキ!スキ!スキップ!」(2013年3月発売)から10作連続通算10作目。同グループが保持する女性アーティスト歴代1位記録の「デビューからのシングル連続1位獲得作品数」を10作連続に更新、2位の欅坂46(4作連続)に6作差で独走している(グループからのソロ、ユニットデビューとなるアーティストは除く)。

 表題曲のセンターは8thシングル「最高かよ」(2016年9月発売)以来2作ぶり2度目となる松岡はな(17)が務めた。

◆2位はボイメン16.5万枚

 名古屋発のエンターテインメント集団、“ボイメン”ことBOYS AND MENの「帆を上げろ!」(2日発売)が初週売上16万5305枚で2位に初登場。「BOYMEN NINJA」(昨年1月発売、最高1位)以来4作連続通算4作目のシングルTOP3入りを果たした。表題曲は、メンバーの勇翔が出演しているドラマ『マジで航海してます。』(MBS・TBS系)の主題歌。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • HKT48の10thシングル「キスは待つしかないのでしょうか?」が初登場1位(C)AKS
  • 2位はBOYS AND MENの「帆を上げろ!」

オリコントピックス