• ホーム
  • 芸能
  • 永作博美、ドラマ『沈黙法廷』主演 悪女にも、聖女にも見える主人公に挑戦

永作博美、ドラマ『沈黙法廷』主演 悪女にも、聖女にも見える主人公に挑戦

 女優の永作博美が、WOWOWの『連続ドラマW 沈黙法廷』(9月24日スタート、毎週日曜 後10:00、全5話※第1話無料放送)に主演することが明らかになった。永作が演じるのは、老人の不審死が連続して起こるなか、捜査線上に浮上する家事代行の女・山本美紀。悪女にも、聖女にも見える主人公を、永作が圧倒的な表現力で体現する。

 同ドラマは、『廃墟に乞う』や『警官の血』、『制服捜査』など、多くの警察小説を手掛けてきた直木賞作家の佐々木譲氏がはじめて挑んだ法廷ミステリー。無実を主張する女は、証言台で突然口を閉ざす。なぜ、彼女は沈黙したのか。連続殺人犯としてマスコミの報道は過熱。彼女は一体、何者なのか、何が真実なのか。警察、マスコミ、彼女を信じる者。三者三様の視点から、美紀の人生が徹底的にあぶり出されていく。

 永作は「私が演じる山本美紀という女性はひと言で言うと、とても“地味”な女性です。自分の運命を受け入れ、淡々とした日々を過ごす、そんな緩急のない女性を演じるというのは、実はとても難しいことで…。でも、私自身が歳を重ね、さまざまな人たちの人生に触れたり、経験を積んできたりしたからこその今、やっとこういう役に挑戦できるのかなと思います」と、意気込む。

 美紀は法廷で押し黙ってしまうことから、“悪女”なのか、“聖女”なのか、周囲の妄想をかき立てることになる。本作のプロデューサーは「(美紀は)せりふで感情を語れる人物ではありません。このドラマは、彼女のふとした表情やその奥にある感情に登場人物や視聴者が翻弄される作品だと思っています。この難役を演じられるのは、永作博美さんしかいない、そう確信し、オファーさせていただきました」と、起用の理由を語り、永作の「穏やかな表情の奥にある、沸き起こる熱量」に期待を寄せる。

 手錠をかけた永作の姿を収めたキービジュアルは、妖艶な雰囲気に包まれており、祈っているようにも見える両手は、希望への祈りなのか、それとも贖罪なのか。見る者によって悪女にも、聖女にも受けとれる二面性を秘め、目を合わせていると5秒ごとに印象が変わってくるほど。

 永作は「佐々木先生の原作は、人は一瞬の小さなことがキッカケで運命が変わってしまうものなのだ、ということを深く考えさせられる作品でした。人との距離感の保ち方ひとつで、周囲からの印象が一変してしまうということが描かれています。本作をご覧になった皆さんが、“人との距離の取り方”について考え直すキッカケになったらうれしいです」と、呼びかけていた。



関連写真

  • WOWOW『連続ドラマW 沈黙法廷』に主演する永作博美(C)WOWOW
  • 原作の佐々木譲氏の法廷サスペンス『沈黙法廷』(新潮社)

オリコントピックス