• ホーム
  • 芸能
  • 萩本欽一、最初で最後のドキュメンタリー映画11月公開「人生で納得のいかない唯一の仕事」

萩本欽一、最初で最後のドキュメンタリー映画11月公開「人生で納得のいかない唯一の仕事」

 “視聴率100%男”の異名を持つテレビ界のレジェンド・萩本欽一の最初で最後のドキュメンタリー映画『We Love Television?』の公開日が11月3日に決定し、ポスタービジュアルが解禁された。

 昨今、低視聴率にあえいでいるテレビ業界だが、萩本は全盛期に30%越えの番組を連発。自身の冠番組やレギュラー番組の1週間の視聴率の合計が100%を超えることから、“視聴率100%男”と呼ばれた。本作は、アナログ放送から地上デジタル放送への切り替え期である2011年より萩本の新番組制作に密着したドキュメンタリーとなる。監督は新番組企画の発起人であり、『電波少年』シリーズなど数々の人気番組を手がけ、バラエティー界の超大物・“Tプロデューサー”こと土屋敏男氏が務める。

 萩本には土屋氏が映画を作っていることを知らされていなかったという。ただ記録として番組制作の過程を撮り続けながら、実は“萩本欽一、初のドキュメンタリー映画”の製作に着手。一般視聴者とのからみ、司会アシスタントの誕生、ピンマイクの導入など斬新なアイデアを次々とかたちにし、現在のバラエティー番組の基盤を作りあげたパイオニア・萩本のエンターテインメントへのあくなき執念と狂気を秘めた番組制作の奥義、そしてテレビマンたちの熱意を記録する。

 萩本は「まさか映画を作っているなんて、知らなかった。この映画、人生で納得のいかない唯一の仕事かな。でももっと面白くしたいなら、僕がコロッと逝った時に公開すればいいんだけどね(笑)」とコメント。土屋氏は「この映画で、僕の積年の思いが完結しました」と意欲作であると語り「このドキュメンタリーをテレビではなく映画にしたいと思ったのは、テレビは途中で観ることをやめることができる。でも映画は映画館に入ったら逃げられない。だから、逃げられない環境で観るものを作ってみたかったんです。僕にとって追いつきたいけど追いつけない師匠であり、常に動き続けている運動体、萩本欽一の最初で最後の貴重な映像になったと思います」とテレビではなく、映画にした理由を説明した。

 実力派女優・田中美佐子と人気お笑い芸人・河本準一次長課長)、構成担当にマルチに活躍する放送作家・高須光聖氏、クリエイティブ集団「チームラボ」も番組制作に携わる立場で出演する。



オリコントピックス