• ホーム
  • 芸能
  • 松本人志、強面イメージを反省 『クレイジージャーニー』異例のヒットに「良かった」

松本人志、強面イメージを反省 『クレイジージャーニー』異例のヒットに「良かった」

 お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が8月1日、都内で行われたTBS系『クレイジージャーニー2時間スペシャル』収録後の囲み取材に出席。2015年4月のスタート以来、ともにMCを務めている小池栄子バナナマン設楽統から共演前に抱いていたイメージを伝えられ、思わず苦笑いを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 まずは、小池が「レギュラーで共演するまで、松本さんってもっと厳しい方だと思っていたので、とっても優しいっていうギャップに心を奪われていますね」とにっこり。設楽も「何か『これ、オモロイんか?』って言われそうで、ビクビクしていたんですけど、スゴく、ラフにお話をしてくれる」と明かすと、松本がたまらず「どんなイメージやねん!」とツッコミを入れた。

 改めて、自身のイメージを告げられた松本は「スゲーな、オレそういうイメージをつけてきたんやな…」と反省。約2年半も続いている上に、今月23日には5枚目となるDVDが発売されるなど、異例のヒットをみせている同番組だが「2年半も続いてきて良かったですよ。この番組は教育番組で(同局の冠番組である)『水曜日のダウンタウン』とは全然違いますから」と笑わせていた。

 同番組は、独自の目線や強いこだわりをもってスラム街、銃密造村、毒ガス充満の光る山…など、世界や日本を巡る人々(=クレイジージャーニー)がスタジオに集結。その人だからこその常人離れした体験談、そしてクレイジージャーニーの新たな旅に同行し、「自分じゃ絶対行かないけど、見てみたい!」といったエリアにも潜入する。16日の午後8時54分から10時54分まで放送される。



関連写真

  • 強面イメージを反省した松本人志 (C)ORICON NewS inc.
  • 『クレイジージャーニー2時間スペシャル』収録後の囲み取材に出席した(左から) 設楽統、松本人志、小池栄子 (C)ORICON NewS inc.
  • クレイジージャーニー2時間スペシャル』収録後の囲み取材に参加した小池栄子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス