• ホーム
  • 芸能
  • 新田恵海、洋画吹き替えに初挑戦「すごく難しかった」

新田恵海、洋画吹き替えに初挑戦「すごく難しかった」

 声優の新田恵海が1日、都内で行われた映画『ブランカとギター弾き』(公開中)音声ガイド付き上映イベントに出席。フィリピンを舞台にした同作の音声ガイドを担当し、洋画の吹き替えにも初挑戦した新田は「すごく難しかった」と語った。

【写真】その他の写真を見る


 フィリピンを舞台に長谷井宏紀氏が監督を務めた同作は、母親を“買うこと”を思いついた孤児の少女ブランカと、盲目のギター弾きの姿を追うロードムービー。新田は音声ガイドでブランカの吹き替えを務めており、この日は視覚障害のある人も当たり前に映画館に行けるようUDCastアプリの開発に携わっている松田高加子氏とトークショーを行った。

 音声ガイドについて詳しく知らなかったという新田は「こういうやり方で視覚障害の方とも一緒に映画を楽しめるんだっていう、新鮮な驚きがありました」と振り返り、実際にアフレコを経験して「ブランカちゃんを私の声で表現することについてすごく考えたのですが、音響監督さんたちに『自然に声を作らず、出してほしい』と言われて、私はブランカに寄り添えばいいんだって思うようになりました」と笑顔。「とっても貴重な経験をさせていただいた。大きな出会いの作品になりました」と満足げだった。



関連写真

  • 映画『ブランカとギター弾き』のトークイベントに参加した新田恵海 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブランカとギター弾き』のトークイベントに参加した新田恵海(左)と松田高加子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブランカとギター弾き』のトークイベントに参加した新田恵海(左)と松田高加子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ブランカとギター弾き』のトークイベントに参加した新田恵海 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス