• ホーム
  • 音楽
  • “看護師”歌手・瀬川あやか 地元のテレビ局が特集

“看護師”歌手・瀬川あやか 地元のテレビ局が特集

 現役看護師でシンガー・ソングライターの瀬川あやか(25)が、地元・北海道のHTBの深夜番組『キラキラ』(月〜水 深0:45〜、木 深0:56〜※いずれも時間変更の可能性あり)に登場。7月31日から8月3日までの1週間 “二足の草鞋”で全力疾走する瀬川を特集する。

【写真】その他の写真を見る


 北海道富良野市出身の瀬川は、昼間は看護師として都内で勤務、それ以外の時間でアーティスト活動を精力的にこなす“歌う白衣の天使”として、昨年6月にメジャーデビュー。

 5月に道内初のワンマンライブ(札幌)、7月には夏フェス「JOIN ALIVE」(岩見沢)のステージに立ち、8月には道内ルスツリゾートのCMソングとなった楽曲が収録された最新シングル「どんなに.../Have a good day!」のリリースを控える。

 順調な音楽活動の一方で、東京の病院の内科で外来患者の注射等を担当している看護師の仕事も続けている。番組では、富良野から旭川まで毎日通っていた高校時代の話、音楽にかける熱い思い、多忙な中でホッと一息つく彼女流のリフレッシュ方法などを聞き取り。「もういいよ!って言うくらい近くに感じるアーティストになりたい」という明るく元気で人懐っこい、素顔、等身大の魅力を探る。



関連写真

  • キラキラ輝いている女性を紹介するHTBの深夜番組『キラキラ』7月31日から1週間、富良野市出身のシンガーソングライター・瀬川あやかが登場(C)HTB
  • 154センチと小柄ながらパワフルに活動する瀬川(C)HTB
  • キラキラ輝いている女性を紹介するHTBの深夜番組『キラキラ』7月31日から1週間、富良野市出身のシンガーソングライター・瀬川あやかが登場(C)HTB

オリコントピックス