• ホーム
  • 音楽
  • 中島健人がソロ公演で大胆露出、東山紀之も驚く世界観を披露

中島健人がソロ公演で大胆露出、東山紀之も驚く世界観を披露

 人気グループ・Sexy Zone中島健人が29日、TOKYO DOME CITY HALLでソロ公演『Summer Paradise 2017「Mission:K」』を開催した。ステージでは、中島が歌唱中にTシャツを破り捨てるパフォーマンスもあり、会場は熱狂。ジャニーズ事務所の先輩である少年隊東山紀之も応援に駆けつけ、大いに盛り上げた。

 コンサート前に行われた記者会見では、「人生がミッションなんじゃないかと思う。男らしく、ケンティガールズを守る」と、今回のコンセプトを明かした中島。1000年後の3017年から来たケントロイド(健人+アンドロイド)としてステージに立ち、ソロ曲「Mission」、SMAPの「Fly」、KinKi Kidsの「もう君以外愛せない」などを披露した。

 中盤のMCでは、客席で観覧していた東山紀之がステージに登場。中島のコンサートについて、「初めて来たけど独特の世界観だね!」と驚きを見せる場面も。さらに東山の発案により、観客から“中島健人のどこが好きか?”を聞くというコーナーが追加された。客席からは「顔が好き」「全部好き」という意見が出るなか、「東山さんにヘコヘコしているところがめちゃくちゃカワイイ」という声があがると、東山と中島含め、会場中は大爆笑。記者会見で「最初のコンサートのとき、東山さんは『観客全員を彼女だと思え』というヒントをくれた」と語っていた中島だけに、東山に尊敬のまなざしで送りながら、和気あいあいとしたMCタイムとなった。

 その後は、ソロ曲「Hey!Summer Honey」などで盛り上げたほか、東山が2000年に関ジャニ∞錦戸亮らと歌ったドラマ主題歌「Secret Agent Man」をパフォーマンス。アンコールでは、着ていたTシャツを破りながら歌い、観客からは黄色い悲鳴が炸裂した。最後は、「1000年後もこうして皆さんと愛し合うことができたらうれしいと思います」と、中島らしい甘い言葉を語り、ソロコンサートを終えた。

 『Summer Paradise 2017』は、8月2日まで中島健人が公演。その後、菊池風磨佐藤勝利松島聡マリウス葉(以上Sexy Zone)、内博貴A.B.C-Z橋本良亮の公演が続く。



オリコントピックス