• ホーム
  • 芸能
  • 今井絵理子氏「信頼回復を優先に行動を」

今井絵理子氏「信頼回復を優先に行動を」

 自民党の今井絵理子参院議員(33)が27日、同日発売の『週刊新潮』で神戸市議会の橋本健市議(37)との不倫が報じられたことについて、事務所を通じてコメントを発表。謝罪の言葉とともに「略奪不倫」との報道を否定し、今後は「信頼回復を優先に行動を律してまいります」と伝えた。

 書面で今井氏は、これまでの経緯を説明。市議との関係については「市議から『長いこと結婚生活は破たんしていて、別居している。妻と離婚の協議をしているが、近く離婚調停になる』というお話を聞きました」と説明し「そして最近になって市議から交際の申し込みがありました」と明かした。

 しかし、市議が法律上はまだ妻帯者ということもあり「“一線を越えてはいけない”と思い、『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げました。そして、今日までこの約束を守ってもらっています」としながらも、今回の報道を反省し「深い失望感を与えてしまったこと、信頼を傷つけてしまったことに対し、今はただ頭を下げることしかできません」とした。

 今後の市議との関係については「皆さまの信頼回復を優先に行動を律してまいります」とした今井氏。最後は「今日の私を支えていただいているすべての皆さま、そして何よりも世界で一番愛している息子へ、私の人生をかけて向き合っていきたいと思います」と誓っている。



オリコントピックス