• ホーム
  • 芸能
  • DOTAMA、イモトアヤコと毒舌ラップ対決 『ウチの夫は仕事ができない』本人役で出演

DOTAMA、イモトアヤコと毒舌ラップ対決 『ウチの夫は仕事ができない』本人役で出演

 フリースタイルラッパーとして人気のアーティスト・DOTAMAが、関ジャニ∞錦戸亮主演ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(毎週土曜 後10:00)第4話(29日放送)に本人役でゲスト出演することが明らかになった。ドラマにレギュラー出演するタレント・イモトアヤコとの壮絶な毒舌ラップバトルを披露する。

【写真】その他の写真を見る


 2人の収録が行われたのは東京・汐留で開催中の日本テレビの夏イベント『超☆汐留パラダイス』会場。DOTAMAとイモトが登場し魂のこもったラップバトルを繰り広げると、道行く人々は足を止め、中にはあまりの白熱ぶりに感動し、涙する人もいたという。

 今回、イモトのラップ歌詞も考えたというDOTAMAは「楽しかったです。全力でやらせていただきました。ただ、いつも人の悪口を言う度に罪悪感がありまして…イモトさんたちにヒドイことをしたなと(笑)」と後ろめたさもあるようだが、「イモトさん、素晴らしかったです。バッチリでした。長いラップの後にすぐお芝居もキッチリとされてて、さすがだなと思いました」とその健闘ぶりをリスペクト。

 「僕もこのドラマを拝見していて、すごく心温まる素敵な作品だなと思っていた」と語るDOTAMAだが、今回はあえてドギツい歌詞を書いたという。「自分も思いっきり憎まれ役をやったので、こいつマジむかつくな、と思って見ていただければうれしいです」と視聴者に呼びかけた。

 一方、実質2日の集中練習でDOTAMAとの“ディスり合い”バトルに臨んだイモト。「本番はステージの上で、たくさんの人の前でやったので、とても緊張しました。手も足も震えて…」と振り返ったが、「DOTAMAさんが考えてくださった歌詞がとても良くて、撮影を終えた今でも頭から離れず、たまに口ずさんでしまいます。ラップは気持ちを伝える表現方法として最高かも! ラップ女優として今後の仕事に是非いかしたいです!」と確かな手応えを感じたようだ。

 第4話では、司(錦戸亮)が世の中の妻たちは仕事のできない夫に対し、想像以上に厳しい意見を持っていることを知り、自分も妻・沙也加(松岡茉優)に呆れられているのではないかと悩む。一方、司の会社ではテレビ局の夏イベントの準備が進み、司はメインステージの合間の小さな企画である「ラップバトル」を任されるのだが…。



関連写真

  • 『ウチの夫は仕事ができない』で毒舌ラップを繰り広げる(左から)DOTAMA、イモトアヤコ (C)日本テレビ
  • 『ウチの夫は仕事ができない』に本人役で出演するDOTAMA (C)日本テレビ
  • 『ウチの夫は仕事ができない』に本人役で出演するDOTAMA (C)日本テレビ
  • 『ウチの夫は仕事ができない』に本人役で出演するDOTAMA (C)日本テレビ

オリコントピックス