• ホーム
  • 芸能
  • 市川美織、有吉弘行の助言守る フレッシュレモンになるため「光合成してます」

市川美織、有吉弘行の助言守る フレッシュレモンになるため「光合成してます」

 MNB48の市川美織が21日、都内で地域活性イベント・全国ふるさと甲子園の『尾道プロモーション大使』の就任式に参加。「フレッシュレモンになりたい」と公言する市川は共演歴の長い有吉弘行からの助言である“光合成”を今も続けていることを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 市川はキャッチフレーズに「フレッシュレモンになりたいの」を用いるほどのレモン好き。デビュー直後からブレることなく「フレッシュレモンになりたい」と言い続けている。そんな市川にエールを送っているのが有吉だ。自身がMCを務めた『有吉AKB共和国』で共演し、その突飛なキャラを気に入って気にかけるようになり「光合成をしなさい」とレモンになるためのアドバイスをされたという。

 この日、レモンになるために何をしているのか問われると市川は「光合成をしています」ときっぱり。「有吉さんに言っていただいてから陽が出ている日は、外に出て光合成をしています。たくさん水分もとって成長できるように太陽を吸収しているところです」と言い切った。「髪も切って、レモンっぽいフォルムになってきた。あとは、ここからどうやってしぼるか。頑張ってやっていきたい」と最後まで大まじめに語っていた。

 さらに子供の頃の自分に夏休みの過ごし方のアドバイスをするならと問われると「今のうちに海に行っておきなさい」と話した。理由は「この年になると、だんだん水着が着れなくなってくる。恥ずかしくないと思っているうちに外で遊んで、もっと光合成をしておけばよかった。そうすれば、もうちょっと早くレモンに近づけたのに」とキャラに徹して報道陣を笑わせていた。

 また、市川は広島レモン大使も兼任しているが、広島では瀬戸内を中心とした新グループSTU48が始動。大使を取られる可能性を問われると市川は「瀬戸内の仲間として、これからは手と手を取り合って一緒に盛り上げたい」としつつも「レモンのことに関しては譲るつもりはない。そこだけはバチバチに行きたい」と断言。大使の座をなんとしても守り抜くことを誓っていた。

 市川は広島県尾道市の平谷裕宏市長から大使の任命状を手渡され、「頑張ります」と笑顔。一緒にフレッシュレモンポーズも決めた。しかし平谷市長が総選挙で投票をしなかったことを知ると「来年は投票してください。神推しでお願いします」と早くも選挙活動。平谷市長は「彼女しかいません」と約束していた。全国ふるさと甲子園は8月26日に東京・秋葉原のアキバ・スクエアで開催される。



関連写真

  • “光合成”を今も続けていることを明かした市川美織 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)市川美織、広島県尾道市の平谷裕宏市長 (C)ORICON NewS inc.
  • 『尾道プロモーション大使』の就任式に参加したNMB48・市川美織 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)広島県尾道市の平谷裕宏市長、市川美織=『尾道プロモーション大使』の就任式 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス