• ホーム
  • 芸能
  • 織田裕二、ラストランのボルトへ熱い思いをマシンガントーク 最後は止められ苦笑い

織田裕二、ラストランのボルトへ熱い思いをマシンガントーク 最後は止められ苦笑い

 俳優・織田裕二が21日、東京・赤坂のTBS内にあるメインキャスターを務める世界陸上カフェで『世界陸上ロンドン』(8月4日開幕)の制作発表会見に参加。五輪で計8個の金メダルを獲得した陸上のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が同大会で現役引退の意向を表明していることについて「どんな最終結末になるのか、この目で見ていきたい」と語った。

【写真】その他の写真を見る


 11大会連続で同番組メインキャスターを務める織田は、「もっと魅力を伝えたい。僕らにとっても戦いです」と意気込み。また、今回で五輪と世界陸上で通算19個の金メダルを獲得したボルトにとって、ラストランとなる。100メートル、200メートル、4×100メートルリレーの世界記録を持つなど数々の偉業を成し遂げてきたボルトを見守り続けている織田は「長い間、僕らを楽しませてくれた。いち陸上選手というスケールじゃ収まりきらない」と思いを語った。

 続けてドイツ・ベルリンや韓国・テグでの世界陸上での思い出を回想。「ラストランってどんなストーリーを僕は考えたらいいんだろう。たぶん、これ以上は書けないでしょうってぐらいのドラマを起こしてきた。ボルト選手のラストランでボルトショーを見せていただきたい。どんな最終結末になるのか、この目で見ていきたい」と熱く力を込めた。

 一方で「100メートルの選手もすごいメンバー。楽しみな新人類が出てきている。その選手とボルトが、どんな戦いを繰り広げるのか。予選から全く目が離せない」と新鋭との対戦を思い描き、「記録は難しいと正直、思う。世界新を求めてはいない。そういうことを超越した」と純粋にボルトの最後の戦いを心待ちにしていた。ボルトへの思いは止まらずにしゃべり続け、最後は同じくメインキャスターを務める中井美穂から「ボルトの話はもうこれぐらいで…」と止められ、織田は「僕が話すとこうなってしまう」と苦笑いだった。

 『世界陸上ロンドン』は8月4日から13日までTBS系で放送される。会見にはスペシャルキャスターのマラソンの元世界記録保持者・高橋尚子、世界陸上ロンドンの男子200メートル代表の飯塚翔太も参加した。



関連写真

  • 『世界陸上ロンドン』の制作発表会見に参加した織田裕二 (C)ORICON NewS inc.
  • 『世界陸上ロンドン』の制作発表会見に参加した(左から)中井美穂、織田裕二、飯塚翔太選手、高橋尚子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『世界陸上ロンドン』の制作発表会見に参加した織田裕二 (C)ORICON NewS inc.
  • 『世界陸上ロンドン』の制作発表会見に参加した織田裕二 (C)ORICON NewS inc.
  • 『世界陸上ロンドン』の制作発表会見に参加した高橋尚子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『世界陸上ロンドン』の制作発表会見に参加した中井美穂 (C)ORICON NewS inc.
  • 『世界陸上ロンドン』の制作発表会見に参加した飯塚翔太選手

オリコントピックス