• ホーム
  • 芸能
  • 【17年4月期 コンフィデンス・ドラマ賞】「助演男優賞」に東出昌大、尊敬できる仲間と仕事できたことが何よりの誉れ

【17年4月期 コンフィデンス・ドラマ賞】「助演男優賞」に東出昌大、尊敬できる仲間と仕事できたことが何よりの誉れ

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が17年1月期(第8回)の結果を発表。「助演男優賞」は、一途に愛する妻の美都に浮気されたことで少しずつ“精神崩壊していく”夫・渡辺涼太役を怪演した、『あなたのことはそれほど』(TBS系)の東出昌大が受賞した。

 東出演じる涼太は、料理好きで穏やかで、愛妻家の完ぺきな夫だが、妻の“2番目に好きな男”という切ない役どころ。“本命”との再会で妻に不倫をされるも、優しい顔を崩すことなく結婚生活を続けるが、徐々にその愛が狂気へと変わり、スマホを覗き見したり、浮気相手を意識した洋服を身に着けたり、窮屈なルールを押し付けたり。逸脱した言動に及ぶ狂乱のさまは、『ずっとあなたが好きだった』(TBS系/92年7月期)での佐野史郎に次ぐ、“第2 の冬彦さん”の到来を世間に印象付けた。好青年のイメージを覆す怪演ぶりに、視聴者からは彼の俳優としての今後に期待を寄せる声が多く聞かれた。なお、東出の受賞コメントは以下の通り。

■助演男優賞:東出昌大

 身に余る過分な賞をいただき、感謝よりも驚きの気持ちが大きいです。今振り返ってみると、ドラマも、この役も、自身で築いたものなどほんの少しで、素晴らしい原作、その魅力を抽出するプロデューサー、命を吹き込んでくれる脚本家、カメラ前に立つ勇気を下さったディレクター、終わって一緒に美酒を酌み交わしたいと思うスタッフの皆がいて、やっとお芝居ができたのだと思います。そんな尊敬できる人達が、大勢いる環境で仕事をできたことが、何よりの誉れです。今後とも精進致します。本当にありがとうございました。

【第8回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」結果一覧】
作品賞:『リバース』(TBS系)
主演男優賞:小栗旬(『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』KTV・CX系)
主演女優賞:多部未華子(『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』NHK総合)
助演男優賞:東出昌大(『あなたのことはそれほど』TBS系)
助演女優賞:小池栄子(『母になる』日テレ系)
脚本賞:奥寺佐渡子氏、清水友佳子氏(『リバース』TBS系)
新人賞:新木優子(『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』KTV・CX系/『100万円の女たち』TX系)

対象作品・俳優は、NHK総合&民法キー局の国内制作で、3話以上・そのクール内に終了する作品と、NHK連続テレビ小説、NHK大河ドラマ、2クールにわたりオンエアされるシリーズ作品(放送終了タイミングに審査対象となる)。オリコングループの調査システム「オリコンモニターリサーチ」の登録者を対象にしたドラマ満足度「オリコンドラマバリュー」の結果と、ドラマに関する有識者及びマスコミのドラマ・テレビ担当者を審査員とした、6月30日の審査会で各賞を決定した。(主要となる「作品賞」、「主演男優・女優賞」の3部門以外は、審査員投票によって決定)

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者20名による審査会で決定する。

第8回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」

関連写真

  • 東出昌大の怪演は、“第2の冬彦さん”などとネット等で大きな話題に (C)TBS
  • 「助演男優賞」に輝いた東出昌大 (撮影:鈴木かずなり)

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2017年8月14日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年8月14日号

<COVER STORY>
古川愛一郎氏(ソニー・ミュージックコミュニケーションズ代表取締役)
IPとデジタルテクノロジーを組み合わせて新たなエンタメ事業を開発していく

<SPECIAL ISSUE>
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.2
音楽業界と来場者の「相互満足」を目指す、来場者の不満解消と“観客文化”の育成

お問い合わせ

オリコントピックス