• ホーム
  • 芸能
  • 岸谷五朗、錦戸亮と13年ぶり共演に感慨「とても魅力的な男になっていて…」

岸谷五朗、錦戸亮と13年ぶり共演に感慨「とても魅力的な男になっていて…」

 俳優の岸谷五朗が、22日放送の日本テレビ系連続ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(毎週土曜 後10:00)第3話に出演することが、わかった。主演の錦戸亮とはNHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』(2003年9月)以来13年ぶりの共演が実現。「当時、亮はまだ未成年でしたが、今はとても魅力的な男になっていて、リアルな芝居に変わっていました」と感慨深げに語った。

 座長として作品を引っ張る錦戸について「すごくよかったなぁ。うれしいんですよ。まだなんだかよくわからない頃に会った子が、しっかり連続ドラマや映画の主役として居たり、いい芝居をしているのを見ると、ホント親戚みたいなっちゃう。『よしよし』みたいな」としみじみ。

 「元々すごくいいヤツで、その感じはまったく変わってなかった。いい成長を遂げていてうれしかったですね」と絶賛を受けた錦戸も「久しぶりに一緒にお芝居が出来て、本当にうれしかった」と喜び、「成長した姿を見せられたら、と思いましたね」と背筋を正した。

 岸谷が演じるのは世界的デザイナー・レイジカキタニ。派手な柄物のシャツに羽織、頭に大きなサングラスに長髪…と個性的な人物だが「短いシーンで主人公たちの心を動かさなければいけないということで、見た目もインパクトが大切だと思い、色々提案させて頂きました。デザイナーの役だからこそ楽しめた部分ですね」とこだわりをみせている。

 第3話では司(錦戸)が慕う先輩が男性だと思い込んでいた沙也加(松岡茉優)は、家まで司を送ってきた黒川(壇蜜)が美人女性上司だったことに衝撃を受け、一人嫉妬心に苦しむ。そんな中、アルバイトの面接を受けに行った近所のパン屋で、偶然店員として働いていた高校時代の元カレ・名取(なとり)に再会する沙也加。司を自分と同じ嫉妬心で苦しませないため、元カレとの再会を秘密にすることに…。



オリコントピックス