• ホーム
  • 音楽
  • 乳がん手術の麻倉未稀がライブ復帰「95%は大丈夫」

乳がん手術の麻倉未稀がライブ復帰「95%は大丈夫」

 先月22日に乳がんの手術を行った歌手・麻倉未稀(56)が14日、東京・下北沢のCom.Cafe 音倉で術後初ライブを開催。左乳房全摘・再建手術を行ったため、「左手がまだ上げられない」としながらも、「(医者から)95%は大丈夫と言われている」と笑顔で回復をアピールした。

【写真】その他の写真を見る


 麻倉は、今年4月6日にテレビ番組の企画で5年ぶりに人間ドックを行ったところ、左乳房に乳がんが発覚。病院で診察を受け、6月22日に手術を行い、同30日に退院。庄野真代と一緒に行うきょうのライブを目指して、リハビリに励んできた。

 ライブ前に行われた囲み取材では、復帰に「すごくうれしいです。ワクワクしました」とにっこり。乳がん発覚から経過を振り返り、現在は「まだ、左の肩から上は踊ったりできない。激しい運動をしないでと言われています。少しずつ体力を戻していきたい」。この日はドラマ『スクール☆ウォーズ』の主題歌「ヒーロー」をアコースティックVer.で披露した。

 乳がんを経験して「今までは無理することが結構あったけれど、今は『それは無理』と正直に伝えるようになった」と変化を明かし、「乳がんになった方は、女性として全摘出するかとかどうするか悩むと思います。私は、命さえあれば歌っていけるし、主人とも一緒にいられる」と前を向き、家族の支えに感謝した。

 また、麻倉が手術を受けた日は、同じく乳がんで闘病中だった小林麻央さんが亡くなった日でもあり、「ブログを読ませていただくこともありました。たくさんの方が勇気づけられたと思います」と話した。



関連写真

  • 乳がんの手術後初ライブを行った麻倉未稀 (C)ORICON NewS inc.
  • 下北沢のCom.Cafe 音倉でライブを行った(左から)麻倉未稀、庄野真代 (C)ORICON NewS inc.
  • 麻倉未稀とともにライブを行った庄野真代 (C)ORICON NewS inc.
  • 乳がんの手術後初ライブを行った麻倉未稀 (C)ORICON NewS inc.
  • 乳がんの手術後初ライブを行った麻倉未稀
  • 下北沢のCom.Cafe 音倉でライブを行った(左から)麻倉未稀、庄野真代
  • 下北沢のCom.Cafe 音倉でライブを行った(左から)麻倉未稀、庄野真代
  • 下北沢のCom.Cafe 音倉で行ったライブの模様

オリコントピックス