• ホーム
  • 芸能
  • 上川隆也主演『遺留捜査』初回13.1%の好スタート

上川隆也主演『遺留捜査』初回13.1%の好スタート

 俳優の上川隆也が主演するテレビ朝日系ドラマ『遺留捜査』(毎週木曜 後8:00)の初回2時間スペシャル(後8:00〜9:48)が13日に放送され、番組平均視聴率が13.1%だったことがわかった。番組最高は午後9時26分に記録した15.0%。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

 2011年に連続ドラマとしてはじまり、連ドラで3シーズン、スペシャルドラマ4回の放送を経て、前回のスペシャルから2年ぶりに連ドラとして復活。上川演じる超マイペースな刑事・糸村聡が、事件現場に残された“遺留品”から、事件を解決に導くだけでなく、被害者が訴えたかったメッセージを汲み取り、「3分だけ時間をください」と関係者に伝えていく展開が見どころ。今回は舞台を京都に移し、京都府警の精鋭チーム“特別捜査対策室”、通称“特対”メンバーとともに事件の真相を紐解いていく。

 初回は、神戸港を周遊する遊覧船で爆発が起き、乗員乗客を人質に取られるという奇怪な事件から幕を明けた。ゲストとして伊東四朗財前直見が出演。上川、財前、そして“特対”メンバーの一人としてレギュラー出演する戸田恵子の3人が、フジテレビ系で放送された連続ドラマ『お水の花道 女30歳ガケップチ』(1999年)、『新・お水の花道』(2001年)以来、16年ぶりに共演したことも話題を集めた。



オリコントピックス