• ホーム
  • 芸能
  • 要潤 “ゲス夫”役に手応え十分「女性を敵に回す覚悟」 “妻”渡辺直美もバッサリ

要潤 “ゲス夫”役に手応え十分「女性を敵に回す覚悟」 “妻”渡辺直美もバッサリ

 お笑い芸人の渡辺直美、俳優の要潤らが13日、都内で行われたTBS系連続ドラマ『カンナさーん!』(18日スタート 毎週火曜 後10:00※初回15分拡大)の舞台あいさつに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、2001年から07年に漫画雑誌『YOU』(集英社)に連載された深谷かほる氏のコミックを原作に、雇われファッションデザイナーでありながら子育てや家事など、どんな困難もエネルギッシュに乗り切る鈴木カンナ(渡辺)の奮闘を描く。

 共演の要は、天才CGクリエーターで優しくてイケメンであるが、最悪のタイミングで浮気してしまうという“ゲス夫”を演じる。妻役の渡辺は「本当にサイテー。うちの旦那はサイテーだなと思いました」とバッサリ切り捨てつつも「でも憎めない。そんな感じで皆さんの個性が爆発した1話でした」とアピールした。

 普段の爽やかなイメージから一転した役どころに「日本中の女性を敵に回す覚悟」で撮影に臨んだという要は「完璧に仕上がった。女性が嫌う三大要素をすべて兼ね備えてる。しっかりと手応えを感じています」と手応え十分。それでも最後には「これから町を歩く時は背後に気をつけます」と話し、笑わせた。

 今作でTBSの連ドラ初主演を飾った渡辺は「(キャストの中心に立つのは)めちゃくちゃ気持ちいい。もちろん責任感もあるし、足もガクガクしてるけど、チームカンナがいるからこそ、このフラッシュを浴びれてる。私も至らない点もありますが頑張りたいと思います!」と笑顔。舞台あいさつにはそのほか、工藤阿須加トリンドル玲奈、川原瑛都、斉藤由貴が出席した。



関連写真

  • (左から)渡辺直美、要潤、川原瑛都 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)工藤阿須加、斉藤由貴、渡辺直美、要潤、川原瑛都、トリンドル玲奈 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『カンナさーん!』の舞台あいさつに出席した渡辺直美 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『カンナさーん!』の舞台あいさつに出席した(左から)要潤、川原瑛都 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『カンナさーん!』の舞台あいさつに出席した工藤阿須加 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『カンナさーん!』の舞台あいさつに出席したトリンドル玲奈 (C)ORICON NewS inc.
  • TBS系連続ドラマ『カンナさーん!』の舞台あいさつに出席した斉藤由貴 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス