• ホーム
  • 芸能
  • 高杉真宙、主演作に意気込み 主人公と「一緒に青春を送っていきたい!」

高杉真宙、主演作に意気込み 主人公と「一緒に青春を送っていきたい!」

 俳優の高杉真宙、女優の武田梨奈が12日、愛知・常滑市で行われた主演映画『世界で一番長い写真』(2018年初夏公開)の制作発表会見に出席。ロケが行われる同県の知多半島について、事前に調べてきたという高杉は「台本に詰まってる青春がそのまま出て来たんじゃないかと思うくらいすてきな風景が溢れているところだなと思いました。特にひまわり畑が楽しみですね」と魅力を紹介した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、誉田哲也氏の同名小説が原作。愛知県の高校で実際あった出来事を基にした青春群像劇。目標もなく冴えない日々を送っていた宏伸(高杉)が、ある日祖父のリサイクルショップで “世界一長いパノラマ写真が撮れるカメラ”と出合い、モノクロだった人生がだんだんと色鮮やかに変わっていく…。

 高杉は自身が演じるキャラクターについて「自分に自信がなく、そのせいでいろいろなことに挑戦できず、言いたいことも言えないキャラクター。人見知りな部分は特に僕自身、共感できる部分もありました」と紹介。

 宏伸の従姉で快活な温子を演じる武田は、「自分とは違うタイプですが、でもしっかりと快活な女性・温子と向き合っていきたいと思っています」とコメント。高杉も撮影に向けて「宏伸と一緒に青春を送っていきたいです!」と主演らしく意気込みを語った。

 イベントには草野翔吾監督も出席した。



関連写真

  • 映画『世界で一番長い写真』制作発表会見に出席した高杉真宙
  • 映画『世界で一番長い写真』制作発表会見に出席した(左から)草野翔吾監督、高杉真宙、武田梨奈
  • 映画『世界で一番長い写真』制作発表会見に出席した高杉真宙

オリコントピックス