• ホーム
  • 芸能
  • 釈由美子「結婚して良かった」 『あいの結婚相談所』第2話ゲスト

釈由美子「結婚して良かった」 『あいの結婚相談所』第2話ゲスト

 女優の釈由美子が、28日スタートのテレビ朝日系『あいの結婚相談所』(毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)の第2話にゲスト出演する。“結婚”がテーマのドラマということで、2015年10月に一般男性と結婚し、子宝にも恵まれた釈は「私自身は結婚して良かったと思っています」と実感を込めて、積極的な婚活を勧める。

 「結婚してすぐに子どもを授かったということもあったのですが、自分の人生、価値観が180度変わりました。生きてて良かった、と思えるぐらい幸せです。なので、結婚に迷っている方がいらしたら、結婚相談所や合コンに行くなど、ぜひ自らアクションを起こして結婚への一歩を踏み出して欲しいと思います。何ものにも替えがたい幸せに満ちあふれた生活が待っていると思う」と話していた。

 俳優・山崎育三郎が連続ドラマに初主演する同ドラマは、結婚相談所が舞台。元動物行動学者で准教授の藍野真伍(山崎)が所長を務める『あいの結婚相談所』は、入会金は200万円と超高額だが、どんな依頼者にも理想の結婚を実現させる「成婚率100%」が売り。その秘密は、依頼者の行動や心理を動物や昆虫の生態を例にとりズバズバと分析する藍野のカウンセリングにあった…。

 第2話で釈が演じるのは、自宅マンションの一室で託児所を経営する独身女性・園田有希。提示した条件は、「年収400万円以上で“私を守ってくれる人”」。藍野からは「経営者のあなたが男性の庇護を求めるタイプには見えませんが」と鋭く突っ込まれるが、実は有希はストーカー被害に悩まされていた。ならば有希をしっかりと守れる男性を探しましょう、と引き受けた藍野。いったいどんな男性を紹介し、ストーカー事件を解決、有希を幸せな結婚へと導くのか? もう1人のゲストには俳優の柏原収史が決定している。

 釈は「山崎育三郎さんは数々のドラマで拝見していたので、今回初めてご一緒できることが一番の楽しみでした。台本を拝見すると、歌って踊って、というテレビドラマとしては斬新なミュージカルの要素があったので、自分もそのワールドに参加させてもらえるとワクワクしましたね。あいの結婚相談所の皆さんのキャラクターがとても濃いので、普通の感覚の女性役の私としては皆さんに引っ張られないように気をつけました」と、感想を語っている。



関連写真

  • 山崎育三郎(左)の初主演ドラマ『あいの結婚相談所』7月28日スタート。第2話にゲスト出演する釈由美子(中央)。右はアシスタントのシスター・エリザベスを演じる高梨臨(C)テレビ朝日
  • 自宅マンションの一室で託児所を経営する女性が結婚したい理由とは?(C)テレビ朝日

オリコントピックス