• ホーム
  • 音楽
  • 『音楽の日』三浦祐太朗が母の名曲熱唱 AI&直美はドラマ主題歌初披露

『音楽の日』三浦祐太朗が母の名曲熱唱 AI&直美はドラマ主題歌初披露

 元SMAP中居正広安住紳一郎アナウンサーが司会を務める15日放送のTBS系大型音楽特番『音楽の日』(後2:00〜翌前5:00)の第7弾出演アーティストが発表された。山口百恵さんと三浦友和の息子である歌手・三浦祐太朗や、18日スタートの同局連続ドラマ『カンナさーん!』(毎週火曜 後10:00)の主題歌を担当するAI渡辺直美[Alexandros]フェアリーズふわふわら5組が新たに追加された。

 約13時間の生放送となる同番組。7回目となる今年のテーマは「未来への一歩」で、『復興への道』や3年後の『東京オリンピック』など、日本中の明るい未来への“一歩”にエールと元気を届ける。これにちなみ、出演者が第一歩を踏み出した思い出のデビュー曲やヒット曲満載のステージを展開する。

 AI&渡辺のスペシャルユニットは、ドラマのためにAIが書き下ろしたガールズ・デュエットソングをテレビ初披露。三浦はアーティスト活動10周年の節目に、約40年前の母の名曲を歌唱する。そんな息子になにを思うのか…父・三浦に番組司会の安住がインタビューを敢行し、その心境に迫る。



オリコントピックス