• ホーム
  • 芸能
  • 小栗旬「まーきのっ」風に名前を連呼 歓声に「こんな首の動きしていない」と苦笑い

小栗旬「まーきのっ」風に名前を連呼 歓声に「こんな首の動きしていない」と苦笑い

 俳優・小栗旬(34)とムロツヨシ(41)が10日、都内で映画『銀魂』(14日公開)の公開直前イベントに参加。小栗は自身の物まねをするお笑い芸人・おばたのお兄さんのフレーズ「まーきのっ」風に来場者の名前を呼ぶムチャ振りを何度もされ、「こんな首の動きしていない」と苦笑いだった。

【写真】その他の写真を見る


 空知英秋氏の人気漫画を原作に福田雄一監督がメガホンをとる同作の舞台は、天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人に支配された江戸。かつて、天人との攘夷戦争で白夜叉と恐れられ、今は万事屋を営んでいる銀時(小栗)と、それを取り囲む新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)らの奮闘を描く。ムロは街の片隅でジャンク屋を営む発明家・源外を演じている。

 観客へのサプライズでムロが先に姿を現し、しばらく福田監督とトークをしたところで小栗が登場。観客入れ替わるとしたらという質問が。観客から、キャストの中で入れ替わるとしたらという質問が飛び、小栗は「絶対に吉沢亮になりたい。すげーキレイな顔してるから」と答えると、ムロは「いやいや、花沢類もキレイでしたよ」とニヤリ。おばたのお兄さんが花沢類の「まーきのっ」というフレーズをまねて大ブレークしていること、質問者のななみさんを「まーきのっ」風に呼ぶことになり、小栗が「なーなみっ」と首を傾けながら名前を呼ぶと、会場は割れんばかりの大歓声。爆笑するムロを見ながら小栗は「実際、こんな首の動きしていない。すっかり、そういうキャラクターに…。俺、こんなの1度もやってない」と物まねに“抗議”をしていた。

 悪ノリした福田監督はムロにも「まーきのっ」と要求すると、ノリノリのムロは何度も「まーきのっ」風に名前を連呼。小栗は「そういうイベントになっちゃうから。なんで俺、こんなことしに来ているの」と、イベントとは全く違う趣旨で大盛り上がりになったことに頭をかいた。

 また、小栗の肩をムロが殴るシーンで音にこだわった結果、小栗の肩に大きなあざができた“事件”についても言及した。ムロによると「肩パンは急に決まった」そうで、「ここが生音のいい音するんですよ」と福田監督で軽く実践。福田監督は「痛いな」と苦笑いしながら「これで小栗くん、クランクアップまであざが消えなかった。映画でも、すごい音したでしょ。ちょっと足してますけど、生の音」と裏話を告白。当事者となったムロは、小栗に「『何これ、どうしたの』って聞いた」と平然としており、「すさまじい殺陣をいっぱいしているのに小栗旬がケガしたの、そこだけ」と福田監督はムロのパンチ力に驚がくしていた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 「まーきのっ」風に名前を連呼した小栗旬 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『銀魂』公開直前イベントに参加したムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『銀魂』公開直前イベントに参加した(左から)福田雄一監督、小栗旬、ムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『銀魂』公開直前イベントに参加した小栗旬 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『銀魂』公開直前イベントに参加したムロツヨシ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『銀魂』公開直前イベントに参加した福田雄一監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『銀魂』公開直前イベントに参加した小栗旬 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス