• ホーム
  • 芸能
  • 急逝の中嶋しゅうさん代役に斎藤歩 舞台13日より上演再開へ「今後の公演に向けて尽力」

急逝の中嶋しゅうさん代役に斎藤歩 舞台13日より上演再開へ「今後の公演に向けて尽力」

 梅田芸術劇場は10日、6日に東京芸術劇場シアターウエストで初日を迎えた舞台『アザー・デザート・シティーズ』の第1幕上演中に、出演者の中嶋しゅうさん(享年69)が亡くなったこと受け、中嶋さんのライマン役を斎藤歩(52)が務めることを発表。11日まで公演中止となっているが、13日から上演を再開することも併せて報告した。

【写真】その他の写真を見る


 斎藤は、これまでに『桜の園』『コーカサスの白墨の輪』(2005年)で中嶋さんと共演。同劇場は「中嶋さんのご生前から大変ご縁の深いこともあり、今回の難役へのご出演をお引き受け頂くこととなりました」とコメント。

 「急逝された中嶋しゅうさんの生前のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表しますとともに、キャスト・スタッフ一同は今後の公演に向けて尽力して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます」と呼びかけている。

 中嶋さんは、『アザー・デザート・シティーズ』の第1幕上演中に、舞台から転落し緊急搬送された病院で亡くなった。7日には所属事務所が「舞台下に落下した原因として、検視の結果『急性大動脈解離』を発症していたことがわかりました」と報告した。

 なお、中嶋さんの告別式は12日にコムウェルホール高円寺で執り行われる。喪主は妻で女優の鷲尾真知子



関連写真

  • 中嶋しゅうさん (C)ORICON NewS inc.
  • 代役に決定した斎藤歩
  • 代役に決定した斎藤歩

オリコントピックス