• ホーム
  • 芸能
  • 【上半期TV出演本数】ブレイク1位は立川志らく 話題の芸人も多数ランクイン

【上半期TV出演本数】ブレイク1位は立川志らく 話題の芸人も多数ランクイン

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは7日、『2017上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』を発表。昨年上半期と比較して出演番組が増加した「2017上半期ブレイクタレント」部門で、落語家の立川志らくが昨年同期比【129本増】で1位を獲得した。

 志らくは前年同期の出演は6本だったが、昨年10月からTBS系昼の情報番組『ひるおび!』(月〜金 前10:25)の全曜日に出演するコメンテーターに抜てきされ、出演本数が一気に増加した。

 同部門の2位は、バブリーキャラで昨年大ブレイクした女芸人の平野ノラ【119本増】。3位は昨年末の『M-1グランプリ』決勝に出場し、強烈すぎるツッコミと茨城弁で大きなインパクトを残したお笑いコンビのカミナリ【118本増】。4位には、丁寧すぎる天然キャラで大ブレイク中のみやぞんと、大柄の相方・あらぽんによるお笑いコンビ・ANZEN漫才【116本増】がランクインした。

 そのほか、7位は痛快な毒舌で人気のベテラン俳優・梅沢富美男【96本増】、8位はお笑い芸人・岡田圭右の娘でタレントの岡田結実【90本増】、9位は昨年の『M-1』王者のお笑いコンビ・銀シャリ【88本増】、10位はCMやドラマにも出演するなど今年のNo.1ブレイク芸人のブルゾンちえみ【78本増】と、多彩な顔ぶれのタレントが名を連ねた。


調査項目:タレント番組出演本数(出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2017年1月1日〜6月30日
調査対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
・グループ出演と個人出演の合算にて集計
・アナウンサーは対象外とする
・通販番組出演者は対象外とする
・再放送番組は対象外とする
・ナレーション出演は対象外とする

■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • 『2017上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』の「ブレイク部門」で1位の立川志らく (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』の「ブレイク部門」で2位の平野ノラ (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』の「ブレイク部門」で3位のカミナリ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス