• ホーム
  • 芸能
  • 桐山漣の美麗アクション『コードネームミラージュ』前半のまとめ&後半の予告公開

桐山漣の美麗アクション『コードネームミラージュ』前半のまとめ&後半の予告公開

 テレビ東京系で4月から放送されているドラマ『コードネームミラージュ』(毎週金曜 深1:23)は、2クールの後半戦に突入。前半で視聴者を驚かせた、桐山漣が演じる主人公・ミラージュのガンアクションやその場にあるものを武器にして闘う接近戦などの見せ場ばかりをクリッピングした映像が公開された。映像の後半にはこれから放送される予告も含まれている。

 同ドラマは、『サクラ大戦シリーズ』『魔神英雄伝ワタルシリーズ』などを手掛けたマルチクリエイター広井王子氏の原作による完全オリジナル作品。記録上、この世に存在しないエージェントたちで組織されている警察内特殊部隊「K13」が、政治的、社会的に表だって解決することのできない犯罪を解決していく様を描くと共に、その裏でうごめく巨大な陰謀が明らかになっていく。

 主人公のミラージュ/森山真一を演じる桐山のほか、警察庁公安特殊課課長/K13の御崎蔵人を要潤、毎回劇中のシーンに合わせてコスプレ的な衣装で登場する天才ハッカー・ドブネズミ/木暮美佳子役に佐野ひなこ、人工知能搭載作戦車両・ロビンの声を声優の朴ロ美。そのロビンを整備する自動車整備工場の経営者・鐘ヶ淵を萩原聖人、ミラージュの同僚の姫島公平を駿河太郎、警察庁警備局局長役を石丸謙二郎、そしてアメリカ・NBCのテレビドラマ『HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン』の主要キャスト・ミコ・オオトモ役で知られる祐真キキと、『NIGHT HEAD』を彷彿させる強烈なオーラを放つ武田真治が、敵役を怪演している。

 後半について桐山は、「各キャラクターにスポットが当たり、警察権拡大法案を目論む人たちがいよいよ動きだすなど、ドラマ性がグッと増していきます。一筋縄では処理できない個性的な敵も出てきます。ミラージュの胸の内に抱えていたものが、ある事をきっかけに爆発したり、今まで上手に出せなかった感情が任務でも蘇っていきます。少しずつ人間らしくなっていくといえば正しいのでしょうか。真夏に熱の入った想いで、現在もスタッフ・キャスト陣と作品作りに励んでいます。度肝抜かれる展開が待っています。僕らの想いを最後まで見届けてもらえたら、たいへん光栄です」とコメントを寄せている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス