• ホーム
  • 芸能
  • 市川紗椰、約2年ぶりトークイベントで鉄道談義 “ジャンク飯”も監修

市川紗椰、約2年ぶりトークイベントで鉄道談義 “ジャンク飯”も監修

 モデルでニュースキャスターの市川紗椰が、16日に東京・新宿の『週プレ酒場』で自身にとって約2年ぶりとなるトークイベント「“鉄道車両ドア開閉”秘蔵映像鑑賞会」を開催することが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 『週刊プレイボーイ』(集英社)で相撲、アニメ、ハロプロなどマニアックなライフをつづる市川の人気連載「ライクの森」が、リアルトークイベントになる。今回のテーマは「鉄道」。ここでしか見れない秘蔵の“車両ドア開閉”映像などを鑑賞しながら、鉄道談義に花を咲かせる。また、市川が監修した“ジャンク飯”も用意される。

 イベント午後3時開場・午後3時半開演(午後5時終了予定)、会費は3500円(ワンドリンク付き)。定員60名で同店の公式サイト【http://shupure-sakaba.jp/】にて受付中。応募者多数の場合は抽選となる。



関連写真

  • 市川紗椰が7月16日にトークイベント「“鉄道車両ドア開閉”秘蔵映像鑑賞会」を開催 (C)週刊プレイボーイ/集英社
  • トークイベント「“鉄道車両ドア開閉”秘蔵映像鑑賞会」を開催する市川紗椰 (C)週刊プレイボーイ/集英社

オリコントピックス