• ホーム
  • 芸能
  • ボイメンメンバーが大相撲の魅力に“生放送”で迫る

ボイメンメンバーが大相撲の魅力に“生放送”で迫る

 東海地方出身・在住の10人組エンターテインメント集団、BOYS AND MEN(ボイメン)のメンバーがMCを務める大相撲トークバラエティー『はっけよい!ボイメン』がきょう5日午後10時25分から中部7県で生放送される(〜後11:00)。本番前に、意気込みを語った。

 今年60回の節目を迎える大相撲名古屋場所(愛知県体育館)が9日に開幕するのを前に、東海北陸出身力士の最新情報から、大相撲ラバーたちが語るマニアックな見どころまで、相撲に造詣の深いゲストとともに、さまざまな角度からその魅力を紹介していく番組。新大関の高安や遠藤など、名古屋場所注目力士には1990年出身者が多く、ボイメン水野勝田中俊介と同級生。また、三重県出身の千代の国関を訪ねて、ボイメン本田剛文が九重部屋の朝稽古に密着取材も敢行した。

 水野は「僕たちもそうだし、僕たちの同世代の人たちが、『大相撲に関心がない』『よくわからない』という現状があると思います。僕たちもあまり知識がない状態で番組をスタートすることになるんですが、視聴者の方たちと一緒に大相撲のことを学んでいけたらいいな、と思ってます。番組が決まってからいろいろ調べたりもしたんですが、とても面白い要素がたくさんあるので、それを発信していきたい、と思っています」。

 田中は「なかなか大相撲に興味があっても『敷居が高いのかな…』とか、入口がなかなか見つけづらいというのがあると思うので、今回この番組をきっかけに僕たち自身、そして同世代の若者たちが『相撲っておもしろいな』と思ってもらえるきっかけになるような番組を生放送で頑張っていきたいと思います。そして、力士のみなさんにあやかって、髪型もビチッと固めてきました! 僕の気合いの表れと思ってください! でらビッチビチです!」

 本田は「先日、九重部屋の朝稽古の見学でこの番組にロケ参加したのですが、生で見る力士のぶつかり合いはすごい、という感想をもったのと同時に、相撲好きの方、相撲マニアの方ならではの相撲の見方、どういう角度から大相撲を見ていくと楽しめるのか、よりエキサイティングになっていくのかを今日の番組で学んでいきたいと思います」とそれぞれコメント。

 大相撲ビギナーのボイメンに対し、今、「スー女」と呼ばれる女性の相撲ファンが急増中だ。日本相撲協会「公式ツイッター」は、フォロワー数なんと30万人。そこには、力士たちの意外な一面を捉えた写真が続々とアップされ、力士とアイドルの共通点も伺える。伝統に縛られない戦略の秘密にも迫る。

 大相撲ファン歴30年以上の漫才師・塙宣之ナイツ)が、名古屋・中日ドラゴンズの選手と比較しながら、注目力士「推し力士」をプレゼンする今夜限りの特別企画も予定されている。

■大相撲名古屋場所 放送スケジュール
7月9日〜23日
総合 後3:08〜6:00※土日祝日は後3:05〜
ラジオ第1 後4:05〜6:00※23日は後3:30〜
BS1 後1:00から総合テレビ開始時まで中継



関連写真

  • 7月5日、このあと生放送、NHK大相撲名古屋場所60年スペシャル番組『はっけよい!ボイメン』(左から)水野勝、田中俊介、本田剛文、塙宣之(ナイツ)、センス爆発女、船岡久嗣アナウンサー(C)NHK名古屋放送局
  • 7月5日、このあと生放送、NHK大相撲名古屋場所60年スペシャル番組『はっけよい!ボイメン』千代の国関(左)の朝稽古に密着したボイメン本田剛文(右)(C)NHK名古屋放送局

オリコントピックス