• ホーム
  • 芸能
  • 「雑学博士・島耕作」クイズ番組の出題者に MCは高島彩&石坂浩二

「雑学博士・島耕作」クイズ番組の出題者に MCは高島彩&石坂浩二

 弘兼憲史氏原作の人気漫画「島耕作」シリーズの主人公・島耕作の肩書きに「雑学博士」が加わることになった。テレビ朝日系で今月23日に放送される新しいクイズ特番『紅白雑学総研』(後6:57〜8:54)の出題者に島を“抜てき”。課長時代の漫画に動画処理を施し、アニメーション化。雑学が得意という設定を作り、島が同僚や取引先、あるいはさまざまな女性たちを相手に披露する雑学が、問題として出題される。

【写真】その他の写真を見る


 「島耕作」シリーズは、1983年に『課長 島耕作』(講談社)としてスタート。課長から、部長、取締役、社長、最終的には大企業の会長にまで出世した島のサラリーマン人生をリアルに活写した大ヒットヒットシリーズ。現在は、島が初芝電産に入社する前の早稲田大学在学時代を描いた『学生 島耕作〜就活編〜』が『イブニング』(同)で連載中。スピンオフ企画『島耕作の事件簿』(8月17日発売の『モーニング』38号より連載予定)も発表され、話題が絶えない男。今回は、博学博士として、どんな活躍を魅せるのか。

 男女各10人が紅白に分かれ、“雑学博士”の島がアニメで出題する問題に挑むチーム対抗戦。問題は、雑学本を多数出版する『雑学総研』とのコラボレーションで作成される。各チームに出題されるクイズに誰が答えるかを決めるのは、敵チームのキャプテン。1問につき3人の解答者を指名し、解答順も決める。1人目→2人目→3人目と正解時の得点が下がっていくので、問題のジャンルによって「答えられなさそうな人」から指名していくのがポイントとなる。

 勝敗を左右するキャプテンは、紅組・フリーアナウンサーの高島彩(38)、白組・博学で知られる石坂浩二(76)。番組MCとして初タッグを組む。

 高島は「雑学王と言えば石坂さんというくらい、知識が豊富な方だというのは存じ上げていましたが、今日は番組進行中に出題VTRを見ながら問題とは違う雑学を隣でいろいろ教えてくださって、私はみなさんの倍の雑学をゲットできたのではないかと思います。とてもラッキーでした」。

 石坂は「僕は、MCというのはそんなにたくさんやっていないし、女性と組むというのも本当に少ないんです。当然のことながら、女性と一緒だと楽しいですよ(笑)。高島さんが美人なのでなおさら楽しかった。私は先月76歳になったんですが、最近流行りの年の差40歳くらいで、ちょうどいい感じじゃないですか」と笑顔だった。



関連写真

  • 高島彩と石坂浩二が初タッグ、男女に分かれて雑学連想ゲーム『紅白雑学総研』テレビ朝日系で7月23日放送(C)テレビ朝日
  • 高島彩と石坂浩二が初タッグ、男女に分かれて雑学連想ゲーム『紅白雑学総研』テレビ朝日系で7月23日放送(C)テレビ朝日

オリコントピックス