• ホーム
  • 音楽
  • 山崎育三郎、初主演ドラマで歌って踊るテーマソング 出演者追加発表

山崎育三郎、初主演ドラマで歌って踊るテーマソング 出演者追加発表

 「ミュージカル界のプリンス」と称される俳優の山崎育三郎が初めてテレビの連続ドラマに主演する、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『あいの結婚相談所』(7月28日スタート、毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)。このドラマの“テーマソング”2曲を山崎自身が歌うことが決定した。ドラマのテーマソングを担当するのも初となる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、2010年6月〜16年にかけて『ビッグコミックオリジナル増刊号』(小学館)で連載された原作・矢樹純氏、作画・加藤山羊氏の同名漫画を映像化。元動物学者の准教授で“成婚率100%”の結婚相談所所長、藍野真伍を山崎が演じる。

 テーマソングは「Congratulations」と「あいのデータ」の2曲。「Congratulations」はドラマのテーマにぴったりの究極のウエディングソング。
「あいのデータ」は前向きに恋をする女性を応援するラブソングに仕上がった。この2曲は「ドラマの流れの中で藍野が歌っていたり、カップルを祝福する時に披露されます。レコーディングの時には藍野としての気持ちも込めて歌いましたが、新しいウェディングソングの定番楽曲として広まってくれたらうれしいです」と山崎。

 ある時はダンスしながら、またある時はピアノを弾きながら歌い、幼いころから磨いてきた歌とダンスの才能をドラマの中で遺憾なく発揮。ドラマを盛り上げていく。

 「このドラマはミュージカルのようにシリアスな言葉を歌で繋いでいくという作品ではありませんが、藍野は歌うことで喜怒哀楽を表現したくなるキャラクターなので、歌がドラマに入ることも成立するんです。ドラマの中でもミュージカルの要素をどんどん出して皆を引っ張っていけたらと思います」(山崎)。

 この“ダブルテーマソング”は山崎育三郎初のオリジナルシングルとして8月16日にCDリリースされることも決定。さらにドラマのスタート日である7月28日には「テレ朝夏祭りSUMMER STATION LIVEアリーナ」に出演する。

 ドラマ出演者も追加発表され、あいの結婚相談所のオーナー・都築賢一郎役に鹿賀丈史、結婚相談所の会計事務員・土師野(はしの)郁江役に前田美波里、ともに数々のミュージカルの舞台で活躍してきた2人が決定。

 さらに、結婚相談所の大学生アルバイト・真壁男夢(あだむ)役に『動物戦隊ジュウオウジャー』(2016〜17年)風切大和/ジュウオウイーグル役で主演デビューを果たした中尾暢樹。同じく相談所のメンバー・橘シャーロット麻理子役に昨年『逃げるは恥だが役に立つ』で女優デビューを飾った山賀琴子が出演する。



関連写真

  • 山崎育三郎が初主演ドラマ『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系で7月28日スタート)で歌&ダンスを披露。テーマソングはなんと2曲
  • (左から)高梨臨、山崎育三郎、前田美波里、鹿賀丈史、中尾暢樹、山賀琴子(C)テレビ朝日
  • 森の中でも歌う(C)テレビ朝日
  • 山崎育三郎初の主演ドラマ『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系で7月28日スタート)森の中でも歌う(C)テレビ朝日

オリコントピックス