• ホーム
  • 芸能
  • 堂本光一&相葉雅紀&松本潤のパフォーマンスに絶賛の声続々「永久保存版だ!」

堂本光一&相葉雅紀&松本潤のパフォーマンスに絶賛の声続々「永久保存版だ!」

 人気デュオ・KinKi Kids堂本光一(38)が、1日放送の日本テレビ系大型音楽特番『THE MUSIC DAY 願いが叶う夏』に生出演し、相葉雅紀(34)と松本潤(33)とともに、大ヒット曲「愛されるより 愛したい」を披露。一夜限りのスペシャルトリオのパフォーマンスに、ネット上では絶賛の声が相次いだ。

 当初は堂本剛(38)が出演予定だったが、突発性難聴のため番組出演が取り止めに。そのため、光一が直接、相葉と松本に相談。今年20年ぶりに復活するドラマ『ぼくらの勇気 未満都市 2017』でもキンキと共演する2人が快諾し、ドラマの主題歌を3人で披露した。

 歌唱前のトークで緊張した表情を見せた相葉と松本だったが、イントロ部分で光一が2人とガッチリ握手を交わして、楽曲がスタート。背景には20年前のドラマ、そして今月21日に放送される復活SPドラマの映像が流される中、3人は急造トリオながら息のピッタリ合ったパフォーマンスを見せ、KinKi Kidsの20周年を見事に盛り上げた。

 歌唱後、光一は相葉と松本の肩を抱き寄せ、2人に拍手を送りながら「本当にありがとう!」と感謝。松本はホッとした仕草を見せ、「光一くん、剛くん、そしてKinKi Kidsファンの皆さん、20周年おめでとうございます!」と祝福し、相葉と拍手しながらステージを去った。

 ステージに一人残った光一は、ピアノの伴奏をバックに「Anniversary」を熱唱。最後に「皆さん本当にご心配をおかけして、すいません。剛くんが戻ってきたら、KinKi Kids20周年、また新たな気持で、感謝の気持ちを乗せて、再スタートできたらいいなと思っております。本日は本当に皆さん、ありがとうございました」とあいさつした。

 放送直後からKinKi Kidsファンや嵐ファン、20年前に放送されたドラマファンおのSNS上での反響が殺到。「これは泣いた…剛くんへの愛を感じた」「これは正真正銘の永久保存版だ!」「最高すぎる!」「相葉くんと松本くん、緊張の中よく頑張った!」とパフォーマンスを絶賛する声や、「3人も素晴らしかったけど、だからこそ光一と剛の2人が見たくなった!」「剛くんもこれを見て、早く回復してくれますように」と剛を心配する声も相次いだ。



オリコントピックス