• ホーム
  • 芸能
  • 瑛太主演『ハロー張りネズミ』撮影現場を原作・弘兼憲史氏が表敬訪問

瑛太主演『ハロー張りネズミ』撮影現場を原作・弘兼憲史氏が表敬訪問

 俳優の瑛太が主演する7月期TBS系連続ドラマ『ハロー張りネズミ』(毎週金曜 後10:00)の撮影現場を、原作者で漫画家の弘兼憲史氏が表敬訪問した。

 同ドラマは1980年代に『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載された弘兼氏のマンガを実写化。脚本・演出を映画『モテキ』や『バクマン。』などで知られる大根仁監督が務め、瑛太演じるゴローを主人公に人探し、殺人事件、超常現象、恋愛相談、徳川埋蔵金探しなど、様々な要素があいまった新感覚の探偵モノとなっている。

 原作同様、下赤塚にあるビルの一室をセットにしたゴローたちが所属する『あかつか探偵事務所』を興味深そうに見学していた弘兼氏は、「よくこんな場所が見つかりましたねぇ。新作を描く際の参考にさせていただきます」と感心しきり。

 この日に撮影があった瑛太や深田恭子らと記念撮影に応じるなど、終始和やかな雰囲気で進み、最後に「原作というのは言わば素材であり、それを大根監督にどのように調理していただけるのか。どんなドラマになっているのか、初回の放送がとても楽しみです」と期待を込めていた。初回は14日から15分拡大で放送される。



オリコントピックス