• ホーム
  • 芸能
  • 『お笑いハーベスト大賞』に結成4年目パーパー 先輩・ウッチャンにラブコール

『お笑いハーベスト大賞』に結成4年目パーパー 先輩・ウッチャンにラブコール

 『あなたが選ぶ!お笑いハーベスト大賞2017』の本選大会が1日に都内で開催され、予選大会を勝ち抜いた21組のなかから、結成4年目のお笑いコンビ・パーパーが大賞に輝いた。ウッチャンナンチャンらが所属するマセキ芸能社に所属する同コンビだが、星野ディスコ(26)は「テレビに全然出ていないので、テレビでも活躍できるコンビになりたい」と目標を掲げ、「内村(光良)さんのネタ番組もたくさんあるので、それとかに出られたらと思ってます」とラブコールを送った。

 どこかローテンションで「月のライブは15本が限度」という省エネな山田愛奈(23)と、そんな山田に対して芸歴も年齢も上にも関わらず「解散だけは避けたい」と腰が低く、ネタも全部自分で考えているという星野からなる同コンビ。「15本以上だと山田さんが『辞める』と言われていて、山田さんが無理といったら無理なので山田さん次第」と遠慮がちな星野に、山田は「ひとつひとつ真面目に取り組むには15本が限度」とキッパリ。

 2人ともにまだバイトで生活費を稼いでいるそうだが、星野は「賞金の分配は山田さんが決める」といい、山田は「希望するだけ。25万から30万、40万くらいかな」と提示。山田のほうが比率が多くなりそうだが、ここでも星野は「解散されるよりは…」と恐縮気味で、山田は「多めにくれたらいいな」とプレッシャーをかけていた。

 昨年のキングオブコント準決勝進出以外はほとんどテレビ出演もないことから、星野は「ちょっとずつオーディションに呼んでいただければ」といい、出てみたい番組として内村光良がMCを務める『日曜チャップリン』を挙げると「内村さんにあいさつさせてもらいたい」と熱望。報道陣から「テレビは大丈夫なの?」と心配された山田は「テレビは大好きです」と即答していた。

 有望な若手お笑い芸人の発掘を目的とする同大会では、4月から3ヶ月に渡り毎月7組の本戦進出者を発表。準決勝は21組、決勝にはパーパーのほか、パニーニ、Aマッソ、ローズヒップファニーファニー、シューマッハらが5組が勝ち進んだ。審査員長を渡辺正行が務めるほか、木村祐一ラブリ、民放キー局員や放送作家が審査員として参加した。



関連写真

  • 『あなたが選ぶ!お笑いハーベスト大賞2017』でグランプリを獲得したパーパー(左から)星野ディスコ・山田愛奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 『あなたが選ぶ!お笑いハーベスト大賞2017』でグランプリを獲得したパーパー(左から)星野ディスコ・山田愛奈 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス