• ホーム
  • 映画
  • 映画『伊藤くん A to E』に佐々木希、志田未来ら 連続ドラマ化も決定

映画『伊藤くん A to E』に佐々木希、志田未来ら 連続ドラマ化も決定

 俳優の岡田将生(27)、木村文乃(29)がW主演する映画『伊藤くん A to E』(2018年初春公開)の新キャストが30日、発表された。岡田扮するモンスター級に痛い男=“痛男”伊藤くんに振り回され女性たちを佐々木希(29)、志田未来(24)、池田エライザ(21)、夏帆(26)が演じ、「ぞんざいに扱われる女」「愛されたい女」など、それぞれ無様で残念な役に挑む。

 同作は、柚木麻子氏の恋愛小説を廣木隆一監督が実写化。20代半ばで手がけたテレビドラマで一躍売れっ子になり、過去の栄光でなんとか一流としてのプライドを保っているアラサー脚本家・矢崎莉桜(木村)。腹黒くしたたかな“毒女”の彼女は、返り咲きたい一心で自身の講演会に参加した4人【A〜D】に目をつけ、彼女たちから受ける恋愛相談をネタにするための取材を始める。

 佐々木が演じるのは、伊藤くんと5年間も一方的に付き合っていると信じ込み、尽くし続けるのに相手にしてもらえない【A】島原智美。「ドラマの中で、2人の関係の進展を期待していたのに伊藤くんに雑に扱われるシーンがあるのですが、そのシーンを演じていたときは、智美として、悲しくて悲しくて涙が止まりませんでした」と振り返っている。

 伊藤くんにストーカーまがいの好意を持たれることに対処できない【B】野瀬修子を演じる志田は、「伊藤くんよりもダメな女なんじゃないかって思うくらいのキャラクターです(笑)。自分に似ている部分もあって共感するところも多く、修子を通じて、ここが私のいけないところなのだなって気づかされる楽しい撮影でした」とコメント。

 愛されたいと願うあまりに誰も愛せず、親友が長年片想いしている伊藤くんを寝取ってしまう【C】相田聡子を池田、高学歴で恋愛には鉄壁なのに、なぜか伊藤くんを好きになる聡子の親友・【D】神保実希を夏帆が演じる。

 女性陣を取り巻く男性キャストも解禁され、【E】である莉桜のかつてのパートナーで、【A〜D】4人の恋愛相談をネタにしたドラマ企画をけしかけるプロデューサー・田村伸也に田中圭(32)、莉桜の大学の後輩で、今や彼女の存在を脅かす売れっ子若手脚本家・クズケンこと久住健太郎役で中村倫也(30)が出演する。

 映画の公開に先駆け、MBS・TBSの深夜ドラマ枠「ドラマイズム」にて放送が決定。木村がドラマ単独主演を担い【A〜D】の女性たちが語る“伊藤くん”との恋愛相談を2話毎に描く。莉桜がかつて脚本を手がけた伝説の大人気ドラマ「東京ドールハウス」に出演する主演俳優・沖田として山田裕貴(26)が登場し、【A〜D】4人の女性たちが語るそれぞれの“伊藤くん像”を、莉桜が妄想する姿として、田中(【A】の伊藤)、中村(【B】の伊藤)、山田(【C】の伊藤)が、自身の本来の役どころとは別に演じ分ける。8月15日よりTBS、8月20日よりMBSにて放送開始(全8話)。



オリコントピックス