• ホーム
  • 芸能
  • 日本初の3面上映システム「ScreenX」 7・1お台場に誕生

日本初の3面上映システム「ScreenX」 7・1お台場に誕生

 東京・台場の映画館ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場に、正面スクリーンに加えて左右側面(壁面)にも映像が映し出される、日本初の3面上映システム「ScreenX」が導入される。7月1日からのオープンを前に30日、同所で内覧会が行われた。

【写真】その他の写真を見る


 「ScreenX」は韓国のCV CGV社が開発し、2015年より世界で初めて韓国で導入された。現在では中国、アメリカ、トルコなど全世界119の映画館に「ScreenX」の劇場がある(2017年6月現在)。

 両サイドにスクリーンは設置されず、素材を変えた壁に直接映像を投影して上映される。サイドスクリーンには平均30分程度映像が流れる予定で、ここぞというタイミングで3面になり、最大限の演出効果を生み出す。

 同劇場では、オープニング作品としてジョニー・デップが主演する人気シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(7月1日公開)を上映。第2弾は、コン・ユが主演する『新感染 ファイナル・エクスプレス』(9月1日公開)を予定している。料金は通常鑑賞料金にプラス700円、現状では3D上映はなし。

 内覧会には、CJ4DPLEX社長のチェ・ビョンファン氏、三菱地所リテールマネジメント株式会社 運営本部臨海運営部 アクアシティお台場館長の羽渕徹氏、ユナイテッド・シネマ株式会社 代表取締役社長の渡辺章仁氏、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 支配人の大塚達徳氏が出席した。

 ブランドトレーラーや、韓国国内で上映した「ScreenX」の作品を集めたハイライト上映や、『パイレーツ〜』の予告映像も紹介され、大海原に自分がいるような臨場感に驚いた。壁への投影は違和感なし、両サイドの壁にある非常口のマークも意外と気にならない。同映画は「通常の200%の水が降りかかる」という4D上映も行われるので、鑑賞の際にどの方法で観るか、うれしい悩みになりそう。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 日本初の3面上映システム「ScreenX」 (C)ORICON NewS inc.
  • 「ScreenX」で見る『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』 (C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 日本初の3面上映システム「ScreenX」内覧会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本初の3面上映システム「ScreenX」内覧会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』 (C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 「ScreenX」で見る『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』 (C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

オリコントピックス