• ホーム
  • 芸能
  • 村田充、2時間かけたメイク披露「じっくり見ていただければ」

村田充、2時間かけたメイク披露「じっくり見ていただければ」

 俳優・村田充が29日、東京・北千住のシアター1010で舞台『「東京喰種トーキョーグール」〜或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録〜』のゲネプロ前取材に参加。2時間かかるというグールのメイクで登場。「じっくり見ていただければ」と怪しい笑顔を浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 同漫画は『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2011年9月から14年9月まで連載され、現在は続編となる『東京喰種トーキョーグール:re(アールイー)』が連載中。人間と、人を喰らう怪人“喰種(グール)”の対立と共存を描いた作品となっている。村田はパンクファッションで常に目が赤い設定のウタを演じる。15年にも上演され、村田は同じ役に再び挑戦することになった。

 村田は「前作と同様に今作も非常に多くの期待を感じています。厳しい目も向けられると思いますが、そういったものにお応えできるように集中してたくさんけいこしてきた。原作者の石田スイ先生、原作のファンのみなさん、演劇ファンのみなさんにしっかりと納得してもらえるような作品にしたい」と意気込んだ。

 また、見どころについては「原作にない舞台版ならではのシナリオ、シーンがある。非常に連載が長く続いているので、みんなでしっかりと研究して我々ならではの解釈で、ステージで表現したい」と語った一方、「私のことで言えば、このビジュアルを作るのに2時間かかる。じっくり見ていただければ」とにやり。共演者を笑わせていた。

 また、取材では報道陣からの妻・神田沙也加が見に来るのか、ほぼ同時刻に神田も会見をしているがなどの質問も飛んだが、村田は完全にスルー。関係者が「作品以外の質問は時間の都合もありますので」と靜止する場面もあった。取材には松田凌鈴木勝吾田畑亜弥佐々木喜英も参加した。



関連写真

  • 2時間かけたメイクを披露した村田充 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)田畑亜弥、鈴木勝吾、松田凌、佐々木喜英、村田充 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『「東京喰種トーキョーグール」〜或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録〜』のゲネプロ前取材に参加した松田凌 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『「東京喰種トーキョーグール」〜或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録〜』のゲネプロ前取材に参加した鈴木勝吾 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『「東京喰種トーキョーグール」〜或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録〜』のゲネプロ前取材に参加した田畑亜弥 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『「東京喰種トーキョーグール」〜或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録〜』のゲネプロ前取材に参加した佐々木喜英 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『「東京喰種トーキョーグール」〜或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録〜』のゲネプロ前取材に参加した村田充 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『「東京喰種トーキョーグール」〜或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録〜』のゲネプロ前取材に参加した村田充 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス