• ホーム
  • 芸能
  • 韓国の“天才子役”アン・ソヒョン、演技をはじめた意外なきっかけ

韓国の“天才子役”アン・ソヒョン、演技をはじめた意外なきっかけ

 加藤清史郎芦田愛菜鈴木福鈴木梨央新井美羽…“天才子役”に注目が集まる日本のドラマ・映画界だが、韓国の“天才子役”も負けていない。Netflixで6月29日より世界配信されている映画『オクジャ/Okja』(ポン・ジュノ監督)で、ティルダ・スウィントンやジェイク・ギレンホールらハリウッドで活躍する俳優たちをもしのぐ存在感を示し、注目を浴びているアン・ソヒョン(13)が、その一人だ。

【写真】その他の写真を見る


 3歳の頃から演技の世界に入り、『オクジャ』は6本目の映画出演となる。韓国ドラマやバラエティーでも活躍し、出世作は『ハウスメイド』(2010年)。演技をはじめたきっかけというのが、なんともユニークだった。

 「まだ小さかった頃、あまり人に懐かない子どもだったらしく、父親にさえも人見知りするくらいだったそうです。娘が自分に懐かないことを悩んでいた父は、ある時、友人から児童劇団に通わせるといいよ、とすすめられ、藁(わら)をもつかむ思いで私を通わせることにしたそうです(笑)。そこで何かをした記憶はあまりなくて、まっすぐ歩く練習をしていたな、とか、それくらいなのですが、その年の最優秀児童に選ばれて、短編映画に出るチャンスをいただいたんです。それはエキストラ出演だったのですが、撮影現場で私はおとなしく言われたとおりに立っていたら、監督から『キミはぐずったり泣いたりしないし、指示にもちゃんと従えるから、親友役で出てみる?』と、その場で役をいただいて。それから現場に呼ばれることが増えていきました」。

 チャンスというのは準備と心構えが整った者のところにやってくるというが、ソヒョンの場合はまさに天賦の才があったというほかない。そうやって10年のキャリアを積み、『オクジャ』のポン監督も「ソヒョンさんは『その怪物(原題:Monster)』(14年)という作品の中で驚くべき演技をしていたので、彼女に連絡しました」と、オーディションに呼び寄せたという。

 ポン監督が見込んだとおり、「『オクジャ』は予算的にも大規模なプロジェクトで、3ヶ国で5ヶ月に及ぶ撮影を行いました。ニューヨークの街中から韓国の山奥まで、屋内と室内のさまざまなロケーションを使い、オールロケで撮影したのですが、どんな時も平常心を維持できるソヒョンさんにずいぶん助けられました」と絶賛。

 そんな周りからの評価も冷静に受け止める。「物事にあまり動じないのは、子どもの頃から仕事をはじめて、あまりにも早く社会に入り込んだというのもあるのかもしれないですけど、もともとの生まれつきの性格によるところが大きいと思います。それが長所でもあり、短所でもあって…。うれしいことがあっても大げさに喜ぶこともないかもしれません(笑)」(ソヒョン)。

 いまは成長期のまっただ中。昨年4月からの『オクジャ』の撮影中も「背が伸びて、途中で靴や衣装のサイズが変わりましたし、撮影後、試写会やプロモーションで久しぶりに会った人から『背が伸びたね』とよく言われました。大きいな、と見上げていた年上の人たちとだんだん目の高さが近づいて、不思議な感じもしますね」(ソヒョン)。

 日本のアニメーションや映画、音楽、「特にボーカロイドや歌い手の音楽が好き」といい、『ハウルの動く城』『千と千尋の神隠し』『となりのトトロ』『崖の上のポニョ』などスタジオジブリ作品や昨年大ヒットした『君の名は。』などのタイトルをスラスラ挙げる。

 アニメを話題にしていると、横からポン監督が入ってきて「今回の『オクジャ』では、宮崎駿監督や押井守監督の作品からインスピレーションを受けたシーンがあるのですが、ソヒョンさんが演じた山奥の自然の中で生まれ育ったミジャには『コナン』と通じるところがあると思っていました。僕は『未来少年コナン』のことを指して言ったんですが、ソヒョンさんがイメージしたのは『名探偵コナン』でした(笑)」と、ジェネレーションギャップをなげくと、ソヒョンはすかさず「昔のアニメにもクラシカルな魅力があるし、最近のアニメの良さもあるので、どちらも尊重しないといけませんね」とフォロー。「ほらね、はじめて会った時からソヒョンさんは、私より、精神的に大人なんですよ」(ポン監督)。

 ありきたりだがソヒョンに今後の目標を聞くと、「何かを目指して演技をするのではなく、演技を続けることが私の目標。初心を忘れずにやっていきたいです」と回答。インタビューの受け答えは終始、大人びていたが、最後に指先のネイルアートを「カワイイ!」と日本語でほめたら、年相応な感じのあどけなさが残る、この日一番の笑顔を見せてくれた。



関連写真

  • Netflixオリジナル映画『オクジャ/okja』主人公ミジャを演じる韓国の女優アン・ソヒョン (C)ORICON NewS inc.
  • ポン・ジュノ監督と(C)ORICON NewS inc.
  • Netflixオリジナル映画『オクジャ/okja』ポン・ジュノ監督 (C)ORICON NewS inc.
  • Netflixオリジナル映画『オクジャ /okja』ストリーミング配信中

オリコントピックス