• ホーム
  • 芸能
  • 相楽樹 “夫役”伊藤淳史と『とと姉ちゃん』以来の再共演

相楽樹 “夫役”伊藤淳史と『とと姉ちゃん』以来の再共演

 女優・相楽樹が、7月13日放送のプラチナイト木曜ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(毎週木曜 深11:59)第2話にゲスト出演することが、わかった。主演の伊藤淳史と昨年のNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』以来の再共演を果たした。

【写真】その他の写真を見る


 相楽は「朝ドラ後にも皆を食事に連れて行ってくださって、お会いはしていたので、再会という気持ちはあまりなかったんですが、伊藤さんがいる安心感で、ほかの現場よりもクランクインからリラックスして入れたと思います」と感謝。

 朝ドラの際は途中参加の伊藤が相楽に助けられたそうで「今回は相楽さんにゲストで出て頂く形でしたが、できるだけ緊張や不安が少ないように現場に入ってもらえたらと思っていたので、それは良かったです」と“お返し”ができたことを喜んだ。

 同ドラマは人気放送作家・鈴木おさむ氏の企画をもとに突然脳がスマホのようになってしまったアパレル会社総務課のサラリーマン・折茂圭太(伊藤)が、この能力のおかげで関係のない社内外のトラブルに次々と巻き込まれていくという一話完結のSFヒューマンストーリー。

 今回、相楽が演じるのは別ブランド「エグザルトン・オム」プレスの相馬美羽。美羽は折茂が大阪の店舗に勤務していた頃の部下で久々に再会した折茂に積極的にアプローチを仕掛けるが、ほかにもいろいろな男性をたぶらかしていた…という“小悪魔”な役柄だ。

 「折茂さんを転がしてみたり甘えたり、ついこの間まで夫婦役だった2人でこの設定を真剣に演じているのが不思議な感覚でした。でも、振り切れてやれたのでとっても楽しかったです」と満足げな相楽に、伊藤も「良い意味で前回を思い出させたりしない設定だったので、逆にやりやすかったですね。フラットな状態からこの作品におけるこの役柄をお互いに演じる事ができたんじゃないかなと思います」と手応えを明かした。

 すでにクランクアップした相楽は「時間もなかったので、『またね!!』というやりとりしかできなかったです」と伊藤と別れを惜しむ間もなかった様だが、伊藤は「本当に近いタイミングで共演しているから、また共演する可能性もあるのかなって…。だからお別れ感は全然ありませんでした」と再々共演を予想していた。



関連写真

  • 読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『脳にスマホが埋められた!』第2話より相楽樹と伊藤淳史 (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『脳にスマホが埋められた!』第2話より相楽樹と伊藤淳史 (C)読売テレビ
  • 読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『脳にスマホが埋められた!』第2話に出演する相楽樹(C)読売テレビ

オリコントピックス